コロナ自粛生活の楽しい過ごし方♡バルコニーにタープを張って♡おうちの中にもテント♡親兄弟のありがたさ♡




自粛の日々、こどもたちが笑顔でいられるように

朝のふたりがラブリー♡

5月5日火曜日。こどもの日。

朝のこどもたちが、もう、夏い!!!

寝相、どうすればこうなるのだ!?笑。

お口をぽかーっと開けて、ほげげ〜と気持ち良さそうに寝ていたので、もうちょっとこのままにしておきました♡

5月6日水曜日。

ちょっと涼しかった6日の朝は、お行儀よくシンクロ。

こんな感じで同じ格好になっていることが、本当によくあります。

サイズ感は違うけれど、まるで双子♡

 

それにしても、6日の夜空に轟く雷はスリリングだった!

バルコニーにタープを張って

5日。バルコニーでキャンプ気分♡

在宅勤務が続く夫君。庭で仕事しようかな、と言い出して、Amazonでアウトドア用のテーブルを購入。

ゆいともも「お机あるじゃん!お庭でごはん食べたい!」って。

直射日光は厳しいので、タープを張って。出すのが億劫で、納戸で、何年も前から静かに眠っていたタープ。ここにきて、日の目を見た。

いざ設置してみると、組み立ても思い込んでいたよりずっと簡単に出来たという。

「ちゅるちゅるがいい!!ねえ、ちゅるちゅるにして!!!」というももの熱烈なリクエストに応え、お素麺アゲイン♡

欲しがっただけあり、もりもり食べてた♡

お庭で食べるだけで、気分も最高。

ゆいは、食べ終わるとすぐに本を読み出して。

デザートに、ゆいはガリガリ君、ももはチューチュー。暑い日は、氷菓がいいね。そういう季節になってきた♡

ハワイの波のBGMをかけたり、バリガムランを聴いたり。「次、どこ行く?」って、世界中の海の音を聴きながら、バルコニーでくつろぐ昼下がり。

『目をつむれば、ここはビーチ』想像して、イメージを膨らませる。

「おおー。やばっ。気持ちいいけど、何もやる気なくなるー」

「ほんとだね。こりゃヤバい」

 

ざざーーーーーん・・・

 

・・・ぼーーーーーーーー・・・

 

チルアウト。笑。

 

ぼーっとしていたら、お隣さんが干していたお布団を取り込むために、バルコニーに出ていらして。

「あっらー!いいわねー!」「あらやだ、ごめんね、こんなの(布団)干してて、雰囲気壊しちゃうわよねぇ」

いえいえそんな、うちもほうきとか洗濯物あります〜。笑。お隣さんと、柵越しにちょっと世間話をしたりして。

 

美しい四季のある日本、さわやかで、心地よい季節の到来。

長引く自粛生活ですが、心身健全のため、3密を避けて楽しめることは、どんどん楽しんでいこう。

バルコニーのセカンドリビング利用で、晴れの日は、目を覚ましたタープの登場機会が増えそうです♡

おうちの中にはテント

このミニテント、ゆいが2、3歳ぐらいの頃に、ばあばがプレゼントしてくれた記憶あり。

これまた納戸で眠っていたもの、ここにきて活躍中。

リビングもこども部屋も、全てがこどもたちのフィールドになってきて。床にあれこれおもちゃを常設されるのはさすがに困る、ということで。

このテント内に収めてもらう魂胆だったのに。

 

めっちゃ場外乱入〜〜〜!!

 

夜ごはんの後は、テントに入ってチューチューを食べたり。家の中でも、場所が変われば景色が変わり、何だかワクワク。

姉妹で楽しんでいます♡

お姉ちゃんが学校の課題をしている時には、ももはここでおままごとなどして、自分ワールド作ってる♡

朝起きたら一番にここに入ったりもして、年齢的には、ももにドンピシャなのかも。

本はあればあるだけ、ためになる

ゆかりちゃん(義姉)が、本の片付けをしたから(お下がり)いる?ももちゃんが読めそうなものもあるわ!と声をかけてくれて。

いるいる!!!

4月の最後の週末に、兄夫婦のところ(同じ横浜市内)へ。

運転する夫君と、久しぶりにたまプラから出た〜、なんかドキドキする〜なんて、そんな会話が成り立つこと自体が、昨今事情。

ゆっくり話したりしたいけれど、密を避けて。家には上がらずにドライブスルーで受け取ってきました。

帰宅してすぐ、ゆいは本を床に並べて、どれから読もう!!!と狂喜乱舞。

この量は、確かに宅急便では送れない。

一瞬だけれど、兄夫婦と話して、元気そうな顔を見ただけでも嬉しい気持ちになりました。

車窓から顔を出したゆいやももの頭をなでなでする兄に「ちょっと、濃厚接触!」とツッコミを入れるゆかりちゃん。笑。

読書好きのゆいに、本はあればあるだけためになる。

何を読むかな、この年齢ではどういう本を与えるといいのかな、など考えるのも結構大変だったりするので、こうしてババーーン!!と貰えたら、もう、心底有り難い。

ゆかりちゃん、さくちゃん、本当にありがとう!!!♡

ばあばからの宅急便

大阪の母から、ゆいともものおやつにクッキーを焼いたから送るわね、と届いた宅急便。

この前は、手作りマスクがたくさん入った荷物を送ってくれて。

お菓子を焼いたり、裁縫をしたり。おうちでする手仕事が得意で趣味がある母は、自粛生活も差し支えないようです。

こんな時期だけれど、いつも孫娘たちを思ってくれている。

でも、コロナになってから今まで使っていなかったラインのビデオ通話をするようになり、逆に距離は縮まったんじゃないかしら!?♡

ありがとうね。そちらも、くれぐれも体に気をつけて過ごしてね。

荷物の中に入っていた、妖怪花あそび(右)。

水木しげるのシュールな絵柄も好奇心をそそる、おうち遊びのニューカマー♡

美しい繊細な絵で綴られるパラパラ絵本「むしくいさま」(左)。すごく綿密で、こどもたちがこれに夢中!

むしくいさま (Flip Books) [ もうひとつの研究所 ]

価格:1,320円
(2020/5/6 17:07時点)
感想(48件)

アメリカに行ったあやちゃんが大阪の実家に置いていったものらしく、母がこちらに送ってくれました。

あやちゃん、いつどうしてこれ買ったん!?と思うけれど、こんなパラパラ絵本があるなんて知らなかったー。とても綺麗。

 

お義母さんからも、お米や、ゆいとももへお手紙が届いたりして。

コロナ感染拡大防止のための自粛生活で、今までとは一変した生活を送っているけれど。

家族や親族を思う気持ちは、より強くあたたかくなっている気がします。

ゆいともも、ばあばたちやおじさん、おばさんからも、たくさんのやさしさを享受して。

 

こんな時でも、宅急便などで真心が届くのは、配達してくださる方々がいるから。

我が家はネットショッピングも頻繁に利用するし、宅急便がよく届く。運送/配送会社で働かれている皆様、本当にありがとうございます!

 

こどもたちは、会えないお友達とも、動画メッセージを撮って送りあったり。

この前は初めてFaceTimeを使って、画面越しにコミュニケーションを取りながら、こどもたち同士で折り紙をして遊んだりしました。

色々な方法があるんだなぁと思う。

(なにげに、夫君もzoom飲み会とかし始めているし。)

すごい時代です。

そして、こども(特にゆい)の飲み込みの早さというか、モバイル端末への抵抗のなさ、興味もあるし、使いこなし方など、脳みそ柔らか〜!と驚くばかり。

どんな状況でも、すくすくと健やかに成長していくこどもたち。

逆に、勇気をもらう。

ありがとう!!

あやちゃんからのアメリカ便り

バートさんと、ひよこを飼い始めたとか♡

コロナ以降、アメリカでは、家庭菜園をしたりニワトリを飼ったりすることが流行っているそう。

 

ステイホーム。

よりよく生きるために、自分ができることをして。明日も、こどもたちと一緒に、たくさん笑おう♡

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です