夏休みの過ごし方2020☆我が家はほぼステイホーム♡簡単クッキー作り♡遊びも学び♡




旅行も帰省もせず、ステイホームの夏休み2020。

親も子もおうちで過ごすことが苦ではないタイプだから、ステイホームも難なく乗り切り中。

晴れの日は、午前中から3時4時まで、バルコニーでビニールプールを楽しんで♡

8月12日水曜日。

午後から雷雨があり、お天気が崩れるという予報。ビニールプールは出さないことにして。

ももリクエストで、クッキー作り♡

午前中は快晴で雨の気配は微塵もなく、

え?まじ!?プールできた!?と思ったけれど(朝イチから水を溜めないといけないので、思い立って即プール、とはいかない。)

午後、食料品の買い物に出た時には、激しい雨と雷がゴロゴロ。やっぱり変なお天気だった!

ステイホーム夏休みの過ごし方2020

簡単クッキー作り♡

全く予定していなかった、クッキー作り。笑。

プールを出さない日(=曇りか雨の日)は、書道をしたり、絵手紙を描いたりするのもいいな、なんて思っていたところ。

なぜ急に、クッキー作りになったかというと。

夏休み中の朝の習慣でしているドリル、そこに出てきたクッキー作り。

クッキーは何度も作ったことがあるので、作る順番もしっかり分かっていて、大正解♡

女の子や、そのママを指差して「ニコニコしてるね。この子、しずかちゃんかな♡」って。

*ドラえもんの登場人物しずかちゃんは、クッキー作りが得意

そしてもも、ドリルのこのページに感化されて「うちも、クッキー作る!!!」とピーン!と閃めいた☆笑。

「ねえ、ママ、クッキー作ろう、ねえ、いいでしょ?」

「もちろん、いいよ」

「絶対だよ、作れる?今日だよ、今だよ、材料ある!?」

「うん、あるんじゃないかな」

「じゃあ、指切りげんまん!」って、指切りげんまん。笑。「エプロン着けなきゃ!」と、小走りでエプロンを取りに走ったもも♡

まずは、材料を計って。

二人ともやりたがりなので、順番に、小麦粉はゆいが計って、お砂糖はももが計ることに。

ももがきちんと計れたことに、喜ぶ姉♡

ももは、うちもそれぐらいもう出来るんですけど〜、って感じだったわ。笑。

小麦粉とお砂糖を振って混ぜたところに、バターを投入。ビニール袋のまま、混ぜ混ぜ。

簡単シンプルなクッキーがいいと思って、検索して出てきたレシピ。超簡単で、粉が散らばらず片付けも楽チンでした。

砂糖は、きび砂糖で。マーガリンはうちにはないので、バターで。

麺棒で、生地を伸ばして。

こどもたちにとっては、型抜きが一番楽しい工程ですね。

手がいい匂いする〜♡バターの香りだ〜♡って。

「うちのクッキー、ちゃんと焼けるかなぁ〜♡」オーブンの中を、じーっと見つめるもも。

クッキーだからね、もこもこ膨らむとか、そんな変化は表れないのだけれど。焼けてくると、香ばしさとともにバターの芳醇な香りが漂い始めて。

ゆいも「あ、またいい匂いしてきたね!!」って寄ってきた。笑。

じゃじゃじゃーん♡♡♡

10時半から勢いで作り始め、12時前には焼き上がり。

こどもの「やりたい!」や「知りたい!」は、出来るだけすぐに実行に移すことが、こどもの好奇心、やる気や知識を高める秘訣ですよね。

 

余談ですが、先日、バルコニーでプール遊びをしている時に蜂が飛んできて。

キャァ〜と怖がりながらも、蜂の特徴をしっかり観察していて、その後、図鑑で蜂の種類を調べて「これだわこれ、やっぱりね!」と頷いていたゆいには感心。

小さな事でも、本や図鑑、地図など書物の中の出来事や物事と、リアル(現実)の世界が結びつく瞬間。

それって、すごくトキメキがある。

こどもたちには、そういうトキメキを積み重ねて、好奇心旺盛でいて欲しいと思います♡

(蜂はこれまた、トキメキとはちょっと違うけれど。笑。)

小学館の図鑑NEO 危険生物 DVDつき [ 塩見 一雄 ]

価格:2,200円
(2020/8/13 20:37時点)
感想(73件)

ちなみに、我が家の娘たち、危険生物の図鑑がかなりお気に入りで、よく見入ってる。

 

さて、話はクッキーに戻りまして。

マジ、驚きの美味しさ♡

お皿にクッキーを並べる時、ハートを4つ合わせて四つ葉のクローバーにしたのはゆい。クローバーの真ん中に、波打った丸い形をちょこんと置いたのは、もも。

有塩バターだからか微かな塩っぱさもあって、サックサクの軽い歯応え。味わいは、イギリスの伝統的なショートブレッド♡

小麦粉、きび砂糖、バター。

たった3つの材料で出来たクッキー、4人とも手が止まらない!状態。笑。

もものクッキー作り、大成功でありました♡

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です