アメリカ便り☆鶏が卵を産んだって♡なんでもない日々のしあわせ♡




日本時間9月28日月曜日 6am。

目覚めたら、あやちゃん@アメリカからラインがきていて。

 

ついに!!!

 

 

初・たまご〜〜〜!!!♡

 

まだ目もちゃんと見えていないような、こんなちいちゃな時から飼い始めたひよこちゃん。

この頃は、5月初旬だったか。

もはや素人の域を超えている、日曜大工で作られた鶏小屋。今後、ステンドグラスの装飾も入れるらしい☆

すくすく成長していく二羽の鶏。

雌かな、雄かな、たまご、産むかしらん。ドキドキしながら育てていたところ。

 

この度、ようやく、初めての卵を産んだそう。

♡祝♡

パカッ。じゅうぅうぅぅぅ〜〜〜。

ソルト ’n’ ペッパー、パパパッ。

「なんとなく味が濃かったわ〜♡」

「バートさんと半分こしたん?」

「いや、いらんっていうから私一人で食べた♡」って。

え!

ここはシェアして共感しとこうや!!笑。

 

日本は28日の午前。爽やかな秋晴れ。

カリフォルニアは27日の夕刻。

電話でずっと話していて。距離は遠く離れているけれど、気持ちは近いね。

大切なシスター、いつも思ってる♡

早くコロナが収束して欲しい。切に願う。

かっちゃんと、ゆいとももを連れて、みんなであやちゃんとバートさんに会いに行ける日が、1日も早くやってきますように!

 

初たまごの一報を受けた朝の、ゆいともも。

相変わらず、なぜそうなる!?という寝相に、可笑しさが込み上げる。

二人の寝顔に、まじまじと見入る。ゆいのほっぺたは、とぅるんとしたゆで卵系。もものほっぺたは、ふわふわの綿菓子系。

そっと耳を近づけて、すやすやと健やかな寝息を聞く。一定のリズムで繰り返される、呼吸。

生きている。

すっかり大きく成長して(何だかもう、信じられない!)まだまだこれからも育っていく、未知の塊。

愛しさの結晶♡

 

 

朝、バルコニーに出て太陽の光を浴びて。

爽やかな澄んだ空気を深く吸い込み、軽くストレッチ 。

快晴の朝の太陽はとても眩しく、あたたかく、心地いい。太陽の恵を全身で享受する、それだけで、ものすごくしあわせを感じる。

 

9月24日木曜日。

霧雨が降り、肌寒かった朝のこと。朝顔が咲いていて、びっくり。

朝顔の花そのもの、花弁は薄く儚いのだけれど。儚さに同居するその力強さに、生命力に、感嘆しきり。

 

週末、ももが描いたママの絵♡

一度にこれだけ描いた訳ではなく、何回にも分けて、描き足し、色を足し、シールを貼っては、また色を塗ったりして。

明るく、ハッピー満載♡

 

コロナの影響で、生活にメリハリを生むイベントは少ないし、コロナであってもなくても、華々しい何かが日常でそうそう起こるものではなく。

でも、慌ただしく過ぎていく同じような日々の繰り返しの中にも、ささやかなしあわせは、小さなキラキラした喜びは、ちりばめられている。

(とりあえず半沢直樹も超面白かった!)

夫君が出かける時には、玄関先でハグを忘れない。おいしいごはんを、季節の味覚を意識して、ゆっくり味わっていただく。

幼稚園と小学校から帰宅したこどもたちが、嬉しそうにおやつを頬張る姿は、見飽きない。

こどもたちにせがまれて描く、寝る前のイラスト(鉛筆で、ささっと描く鬼滅の刃。)を、面倒臭がらないようにしよう。笑。

 

本当に、日々を。

なんでもないこの愛しい日常を、大切にしたいと思う。

 

皆さまの今日という1日が、笑顔と笑いであふれていますように♡

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です