ゆい6歳のお絵描き♡ドラえもんが好き過ぎる♡少しの適切なアドバイス、何て声をかけたら!?絵は劇的に上達する♡




時間があれば、ドラえもんを見るか描くか

ゆい6歳。

ドラえもん狂です。

アマゾンプライムでドラえもんの映画が見放題なので、今、テレビの画面に映るものといえば、そればかり!

他のものに、興味を示しません。

(あ、そうでもない。日曜日の朝、プリキュアは見ているかな。笑。)

でもとにかく「三度の飯よりドラえもんが好き」と言っても過言ではないでしょう。

「穴があくほど」という表現がまさにぴったりなほど、この春に観た映画『のび太の宝島』のパンフレットを見続けたり。

歴代のドラえもんの映画のどれが好き?どのキャラクターが好き?どの道具が欲しい?しずかちゃんが◯◯の時に着ていた服の色は?といったドラえもん関連の問いかけも、耳にタコができるほどされています。

まさに質問攻め。

さらには「ゆいちゃんに何でも聞いてみて!問題出して!」と、質問されたがるのですが、こちらはそんなに、ドラえもんのネタ持っていないんですけど〜って感じで、たじたじ。

彼女のドラえもん愛についていくのは、なかなか大変です。笑。

ただ単にテレビを見ているだけだと、親としてなんだかな〜と感じるところですが、ゆいはその先があって。

キャラクターの絵を描くのが、これまた大好き!


2週間ぐらい前だったでしょうか

机に向かって、何やら一生懸命描いていると思ったら。

たいしたものだわ!と、驚きます。

自由な想像の絵もいいものですが、好きなキャラクターなどを突き詰めて模写したりするのも、ありです。

しずかちゃんの着せ替え人形らしい。

絵を描く時、大体の場合は顔から描き始めて体の部分は後ですが、左の絵は体を先に描いていたようで、頭部のサイズ感がユニーク。

自主的に、創意工夫してこうしたものを作っていたりして、感心♡


17日火曜日。

曇り空で肌寒く、小学校から帰宅後はおうちでゆっくりしていた日。

『新・のび太の宇宙開拓史』を鑑賞。

その後に、その映画に出てきたキャラクターを描きたい!と言い、紙と色鉛筆を持ってきて、いそいそと描き始めました。

「う〜ん、やっぱり難しいなぁ」と、頭を傾げていたゆい。

(ひょいと覗くと。確かに。ちょっと間違えた菅田将暉みたい!?笑。)

「ゆいちゃん、そりゃいきなり色鉛筆で、思い出して描くのは難しいんじゃないかな。」

まずは、デッサンが大事だよ。

描きたいものを、よ〜く見ること。

最初は鉛筆で描いてみてごらん。

映画の中で、そのキャラクターがよく分かる場面を一緒に選んで、そこでテレビの画面を静止画にして。

そうして、もう一度描いてみると。

なるほど。笑。

ピクサーのアニメに脇役で出てきそうな感じで「な〜んか、違うよねぇ」と、ゆいも不満げ。

さっきよりは、いいんじゃない!?

よく見てね、しっかり観察してごらん、

顔の形もさ、細長いかな?丸いかな?形を意識してね

何度でも描いてごらん!

(chibico自身、好きな漫画家の絵を幾度も模写したり、手の形やボディなどは実物を見て書き写す、何度も何度も描き続けることによって、バランスの取れた絵になってくる、という過程を踏んだ覚えがあります。

偉大な画家たちも、後世に残る1枚を描くにあたり、被写体をよく観察して、何回も、何十回も、デッサン(下絵)を繰り返しているもの。

そんなに壮大な話でなくとも、絵を描く時に「よく見る」こと「何度も描いてみる」ことは、とても大切!

よーくよーく、画面を食い入るように見つめ、黙黙と鉛筆を動かすゆい。

そういう時の集中力、かなりのもの。

おお!!

それらしく、近づいてきました!

4ステップで、ここまできた!

ゆい自身納得したようで、この顔には胴体も描き、彩色もして。

第29作/2009年『新・のび太の宇宙開拓史』に出てくるキャラクター、ロップルとチャミーが、見事に描かれました♡

「素晴らしいねゆいちゃん!よく特徴をつかんでるよ〜!すごいよ!」「何度でも、描いてみればいいんだよ、描けば描くほど、自分の思う感じに近づくからね♡このロップル、本当に素敵!」

心から褒めちぎり、ゆいも満足げでした。

裏面には、いつの間にか花の絵も描かれていて。劇中に出てくる花らしいです♡

 

chibicoの気持ちのまとめ

ドラえもんばかり見て〜、んも〜、と思う時もありますが

好きなものを突き詰めるのも、あり。

好きなものを一緒に好きになって、楽しむ。

(被写体が明確な)絵を描く時のアドバイスは

よく見ること。

丸いのか、尖っているのか、真っ直ぐなのか、形を意識して

何度でも描いてみること。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 バンダイ ドラえもんひらめきパッド
価格:10594円(税込、送料無料) (2018/4/22時点)

 

ゆいが目下熱望しているもの。

対象年齢3歳〜

今さら、これ!?と思いながらも、ももも使えるし。

あることに対するご褒美として、買ってあげる方向で進んでおります。笑。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です