ブリティッシュ クリスマス アフタヌーンティー@新横浜プリンスホテル トップ オブ ヨコハマ バーラウンジ42F




11月中旬、秋晴れの週末のおでかけは

新横浜プリンスホテル「トップ オブ ヨコハマ バーラウンジ」で開催中「ブリティッシュ クリスマス アフタヌーンティー」へ♡

ホテル最上階42F 地上150mのバーラウンジ。

富士山も見渡せる眺望、最高!!!

chibicoのお誕生日のお祝いも兼ねて、たっぷりスイーツを堪能してきました♡

おいしくてかわいいスイーツはもちろん、たくさんの種類の紅茶、子連れでも気兼ねなく過ごせる雰囲気、行き届いたサービスにも大満足。

レポートしたいと思います♡

ブリティッシュ クリスマス アフタヌーンティー@新横浜プリンスホテル

トップ オブ ヨコハマ バーラウンジ

ドーム型エレベーターホールの吹き抜け。

プリンスホテル。全国にあり、ホテルとしては洗練された超一流感はないながらも(ごめんなさい!)十分期待に応えてくれます。

エレベーターに乗り、ホテル最上階の42Fまで、ビューンとひとっ飛び。

トップ オブ ヨコハマ バーラウンジに到着です♡

14時からのアフタヌーンティー、15分前に着いたのだけれど、サラッと案内していただけました。(ひと組、先客もいたぐらい!)

エントランスを入ってぐるりと左手へ。

新横浜プリンスホテルは円柱の建物なので、このラウンジもぐるりとその形に沿っています。

場所によっては座ったそこから富士山が眺められたり、でも西日が厳しかったり、一長一短があるかも!?

席の指定はできないとのことだったけれど、chibicoは予約する時に「子連れなのでなるべく端の方が… 」とお願いしておいたところ、一番奥に通していただけました♡

一瞬行き止まり感があったものの、日差しも厳しくなくブラインドは終始オープンでずっと外が眺められて、ここがまた超絶寛げた〜。

開催中の「ブリティッシュ クリスマス アフタヌーンティー」は、マンチェスター発・新進気鋭のティーブランド「Brew Tea Co.」とコラボしたアフタヌーンティーだそうで、その紅茶もディスプレイ。

カウンターにずらりとスタンバイした紅茶たち。「Brew Tea Co.」の紅茶は、3種類。

着席すると、まず簡単にアフタヌーンティーの説明があって。

ウエルカムドリンクとして、ベリーとさくらのフレーバーの紅茶が小さなカップで出てきました。甘酸っぱい香りが心地よく、ほのかに甘くておいしかった♡

ゆいが、構図をすごく気にしながら、パパとママ撮る!と撮ってくれた1枚。うまいうまい♡

眼下に広がる横浜の街並み。

一杯目は、香り高いアールグレイ。

紅茶、ハーブティー、コーヒーなど、このリストからどれでも何杯でもおかわり可。

まず運ばれてきたのは、セイヴォリー。

・フォアグラとラズベリーのモナカ
・ウニのブランマンジェ アブルーガ添え
・生ハムと柿とスティルトンのオープンサンド

世界三大ブルーチーズのうちのひとつ、イギリスが誇るブルーチーズ「スティルトン」を使ったオープンサンド、秀逸♡

フォアグラとラズベリーのモナカも、フォアグラムースのまったりした濃厚さと、ラズベリーとブルーベリーのフレッシュな甘酸っぱさの調和がお見事。

こどもたちは、どれも食べられ〜ず。

スイーツスタンドとスコーンが運ばれてきた時には、スタッフの方から「お撮りしましょうか」とお声がけいただいて。

記念の家族写真、パチリ☆

どうでもいいけど、夫君って、ズラに見えない?髪にものすごい厚みがあるんだけど。絶対ハゲない人なのね、白髪系です。

(いやまじで、どうでもいいね。笑)

スコーンはプレーンとチョコレートの2種。イチゴジャムとクロテッド風チーズクリームが添えられて。

クロテッドクリーム(=イギリスの乳製品。超濃厚で乳脂肪分の高いクリームです。)ではないのね、「風」ってどういうこと!?笑

スコーンの正しい食べ方は、横に半分に切って、そこにクロテッドクリームとジャムをたっぷり乗せるのだけれど。

こちらのスコーンはものすごく硬くて横に切れず。サイズも小ぶりだったので、そのままかぶりつきました。笑

ザクザクしていてビスケット感もあり、熱い紅茶と合うね〜♡

3人分のアフタヌーンティースイーツ♡

・ピスタチオとアールグレイチョコタルト クリスマスツリー風
・オレンジとバニラの雪だるまマカロン
・フランボワーズのサンタ帽ムース
・レモンドリズルケーキ
・トライフル
・アップルクランブル

*予約した時に、こどもひとりに1名分は多いかもということで、ゆいとももにも確認して、ふたりで1名分シェア。

*ひとりは、アラカルトで別途ドリンクをオーダーしました。

chibicoが予約した後で、夫君がまた電話をして、バースデープレートをお願いしてくれたらしい!

ふたつも乗っていて、嬉し恥ずかしか〜♡

この雪だるまの表情に、きゅんです。

ピスタチオとアールグレイチョコタルト、このスイーツには「Brew Tea Co.」の茶葉が使用されているとのこと。

サクッとしたカカオ味のタルト生地の中に、とろけるようなクリームが二層で入っていて、すっごくおいしかった♡

イギリスの素朴な伝統的家庭菓子、トライフル。小さなグラスの上に乗ったホワイトチョコレートの、ブリティッシュ チェックもラブリー!

アーモンドの衣を纏った、骨付きチキン バジルソース。バジルソースは、グラスの底に。

甘い甘いの途中の、この辛い系がね、たまりません。

イギリスのティータイムの定番菓子、レモンドリズルケーキ。星形のチーズクッキーが敷かれていて、ももはこれが「うん!これいいねぇ!」だって♡

お口直しのような、ひんやり一口アールグレイアイスクリーム。こちらも「Brew Tea Co.」の茶葉を使用。

最後の一杯、ロイヤルミルクティーも濃厚で好みのお味でした♡

毎回違うフレーバーにして、全部で5杯も飲んじゃった!

白いお月様がどんどん移動して。日暮れは早く、夕焼けが景色を染め始める。すぐ下には、新幹線の線路。

新幹線の新横浜駅すぐ近くだから、離発着する新幹線の徐行運転が上から見ることができて、すごく面白かったです。

最後の方、ゆいはもうのんびり読書モード。どんだけ寛ぐのだ。笑

帰る頃、エントランス付近のディスプレイが、日中とはまた違う雰囲気になって。

明かりの加減で、より一層、クリスマスムードが高まります。

富士山の隣で、ふっと太陽が沈む瞬間も見ることができました。

あああ、地球が動いている。

 

ブリティッシュ クリスマス アフタヌーンティー@新横浜プリンスホテル

広々とした空間で眺望を存分に楽しみながら、スイーツつまんでの〜んびり。端のテーブルだったので、ももがうろうろしても、気兼ねなく。笑

素敵なひとときを過ごせました♡

バーラウンジの窓際は、お客様で全部埋まっていたように思う。

そういえば、食べている時、シェフが各テーブルを回ってご挨拶されて「何かお気づきの点はございませんか」とお声をかけていらっしゃいました。

丁寧で好感度アップ♡

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

新横浜プリンスホテル トップ オブ ヨコハマ バーラウンジ

〒222-8533

神奈川県横浜市港北区新横浜3-4

TEL予約:045-471-1115
(受付時間: 10:00A.M.〜6:00P.M.)

ブリティッシュクリスマス期間: 2021年11月01日(月) 〜 2021年12月26日(日)

営業時間: 

●平日
 4:00P.M.~10:00P.M.
 (ラストオーダー 9:00P.M. ドリンクは9:30P.M.まで)

●土・休日
 2:00P.M.~5:00P.M.
 (ラストオーダー 4:00P.M. ドリンクは4:30P.M.まで)

料金:1名/¥4,700++

*詳細はホテルにご確認くださいね

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

♡余談♡

お誕生日当日には、夫君が花束を贈ってくれたよ。

いつもありがとう♡♡♡

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です