Happy 5th birthday my dearest daughter YUI♡ゆい5歳のお誕生日




2016年7月9日土曜日

1/365、1年に一度だけの特別な日

ゆいたんが、この世界に生まれてきてくれた。
5年前のこの日、私は、強くなったんだ。

5歳のお誕生日を迎えたゆいたん、その思い出の1日を、記録に残します♡

ゆいたん5歳のお誕生日♡

朝から本降りの雨でしたが
気持ちはずっと、そわそわ、わくわく。

橋本のじいじとばあばも来てくれて
賑やかにお祝いしました♡

おうちパーティーに欠かせない
風船やガーランドのデコレーション

何日か前から「お誕生日はここ、風船いぃぃぃっぱいに、なるんだよねぇ!?」って、ちびっこ、無邪気にプレッシャーをかけてきていました。笑。

お誕生日のご馳走は、じうじう大会♡

ゆいたん本人への事前ヒアリングで
「お肉焼くんだヨ」とのことでしたので。

ホットプレートでお楽しみ
お誕生日のご馳走は
じぅじぅ焼肉大会と相成りまして♡

(何かって時には、ホットプレートが食卓に登場して、じうじう焼く。幾年も歳月を重ねて、我が家の定番にしてお約束になりましたね。笑。)

旨味たっぷり豚バラ肉に
牛肉、海老、イカ、ウインナーetc.

テーブルに乗り切らないお野菜は
カウンターでスタンバイ。

箸休めには、シンプルトマトサラダなど。

じうぅぅぅぅ〜〜〜♡

お好みで、キムチトッピング
サンチュでくるくる巻いていただきます♡

「ほげげ〜♡」

(ももち、エルゴ&おっぱいでやっと寝た〜
 chibico、自由の身〜〜〜

夫君&ちびっこ大好物の豚バラちゃん。

豚バラから出た脂で素揚げ状態のお野菜を、塩コショウでしっかり味付け、カリッと香ばしく焼けた豚バラで巻き巻きすれば

これまた

ヘブンリー♡

魚介好きのお義父さんには
香り高きバター醤油のイカ様
塩焼きの香ばしい海老様

う〜ん

chibicoも、飲めるものなら飲みたいっ!笑。@授乳中。

お腹いっぱいハッピー×ハッピー
Oh, yes!焼肉臭も満載です!

『ベルグの4月』さんのバースデーケーキ

こどものお誕生日をおうちでお祝いする場合
ホールケーキは
『ベルグの4月』が、我が家の恒例。

今年も
ゆいたんのリクエストで

ミッキー!!!

さりげなく、何度か聞き直したけれど
ミッキーが良いとのこと。

カタログでは、ミッキーは男の子仕様で文字のベースがブルーだったり、背景もハートではなく水玉模様だったのを、少し女の子バージョンに変更してもらいました。

ちなみに、去年はミニーちゃんで、微妙な仕上がりだった記憶あり。笑。

このミッキーの出来栄えはいい感じ♡
ちょっぴり肥満気味!?

「あへぁ〜♡
 こら、綺麗な炎でんな〜♡」

ももち「わて、悪気はあらへんて♡」

なんと
おねえたまより先に
ぷぅ〜、と息を吹きかけ
ロウソクの灯りを消してしまったチビ助!

おねえたまは
泣きベソをかいたという…

気を取り直して。

 ♪ハッピーバースデー トゥユー
 ハッピーバースデー トゥユー
 ハッピーバースデー ディア
 ゆいたーん…♪

ふぅぅぅ〜♡♡♡

パーティーチューンな、くるくるストロー。

吸い込むのに時間がかかり、しかも円の幅が狭く、少しずつしか口に入ってこない。一気飲み/ガブ飲みにストップがかかり好評な(!?)ストローでした♡笑。

(購入@ららぽのフライングタイガー

お待ちかねのプレゼント!

さあ
どれから開ける!?

ばあばにお手紙ももらって、しっかり大きな声で読み上げていましたよ♡

新しい絵本に、さっそく夢中。

ケーキ、カットできましたよ〜

が、なかなか着席にならず。

この時期
ショートケーキにサンドされるフルーツは
「桃」🍑

「共食い上等ぉ〜🍑♡」

ママからのプレゼント。

箱の表面に数字が記されていて、その数字と同じキラキラシールを貼り付けて飾りを完成させる工作系(!?)ジュエリーボックス。

じいじも真剣
ゆいたん、これにも大いに熱中
やり出したら止まらない感じでした♡

ももち「しゃ〜ち〜ほ〜こぉ〜

後方で、オムッティー丸見えなんのその
大技を披露中♡

大阪のばあばが、このハレの日のために作ってくれた淡いピンク色の上品なワンピース
もちろん、姉妹お揃い♡

(なかなか並んで撮らせてくれず。泣。)

 

ゆいたんが5歳のお誕生日を迎え、思うこと

しかしまぁ

ゆいたんが、5歳!!!

生意気な口調で、一丁前に言い返すし
理不尽なわがままも多く
もう、ただ可愛いだけではない

しっかりと人格を持った
ひとりの人間

(ももちぐらいだと
 ヒーヒー自己主張して、どれだけぐずっても
 まだ、ぬいぐるみの範疇です♡)

5歳の女の子。

その頭の中には、どんな宇宙が存在して
何を考えて生きているのかしら。

「褒めて育てる」が基本だけれど

時には、叱ることも必要で
感情的にならず、上手に叱ることを
日々、こちらも鍛練。

「ママ、大好き♡」と
しがみついてくる時は
まだまだ幼いこどもだと感じたりもして。

本当に
あっという間に
5歳になったゆいたんが

少女の階段を昇りつつある娘が

まぶしくて
愛しくて

奇跡の子

産んでよかった、と心底思う。

かけがえのない、宝もの。

今はまだ
屈託無く、笑い転げるゆいたん

いつか
傷付くことがあるのだろうか

恋や学業や友人関係など
思い通りにゆかず
心を痛める日が来るのだろうか

なりたい自分になるために
あがくのだろうか

落ち込むことがあるのだろうか

そんな気持ちに
私は
寄り添うことができるのでしょうか

この子が大人になる頃には
世の中は一体、どうなっているのだろう。

どんなことがあっても
すべてに意味があり

生きるということは
この世界は
尊く、美しく

嗚呼、本当に

子育てって、難しくて、面白くて
こどものために
私が
親ができることは、一体何だろう。

純粋な
透明過ぎるほどに透き通ったゆいたんの瞳に

映る私が
恥ずかしくないように

背筋を伸ばして

お手本となれるように

私も、こどもに育てられながら

毎日を、精いっぱい生きる。

愛しい娘

凛と、成長して欲しい
ただ、しあわせであって欲しい

そう、願う。

生まれてきてくれて、ありがとう。

5歳のお誕生日
本当に、本当におめでとう♡




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です