祝♡七五三。祖父母も勢揃いで、ももをお祝い。琴平神社へお参り、鮨ぎんで会食、おうちでお祝いケーキ、という流れ♡




11月3日金曜日 文化の日 大安

数日前まで、3日だけピンポイントで雨の予報が出ていて、やきもきしましたが、穏やかな快晴に恵まれたこの日。

大きな怪我や病気もなく

すくすくと、3歳になったもも

その健やかな成長を祝って

これからの益々のしあわせを願って

七五三のお参り、無事、とどこおりなく終えることができました。


七五三は本来11月15日ですが、現代ではこだわらずに、その前後の週末や大安の日にお祝いするご家庭も多いですね。

我が家も、みんなのスケジュールを合わせて、3日に。

午前10時に『琴平神社』で待ち合わせ。

ももは朝8時40分から、記念撮影(別の日に撮影)をお願いしている写真スタジオで、レンタル衣装の着付け。なんだかんだで10時ぴったりに、神社に到着。

お日柄もよく、神社は大盛況!!

まぶしい光が飽和する中、参拝された方々の笑顔と喜びであふれていました。

お義父さんとお義母さん、父と母はすでに到着していて、私たち(というか孫たち)が来るのを、まだかまだかと首を長くして待ってくれていました。

晴れ着姿で、神妙な面持ちのももに、ちょっぴりおすましのワンピースを着たゆいに、祖父母一同、目尻が下がりっぱなし。

もも、おとなしかったのは、ほんの初めだけ。

やんちゃを発揮して、ご祈祷の時も、片時もじっとしていない。足袋は脱ぎ捨てるし、お着物の飾り(ホック留め)は取ってしまうし、何か食べたいとぐだぐだ言い出すし。

ご祈祷で、ももの氏名が読み上げられたのは、有り難くきちんと聞き取れましたが、chibico、ニ拝二拍手一拝はしそびれました(汗)

終わってからも、ちょこまか動いて、あっという間にお着物は乱れて。ばあばふたり、おはしょりを直すこと数回、最後には「もういいわね、もう無理ね」と匙を投げておりました。

3歳になったばかり。

とんだご愛嬌。まあそのようなものでしょう。笑。

大切な父と母と

大阪から、可愛い孫娘のお祝いに駆けつけてくれた、ひっちゃんとばあば。

70を過ぎた両親が、ずっと元気でいてくれること。

それも、chibicoにとって、大きな願いです。

母は少し前から上京してきて、うちに泊まってくれていましたが、父は2日に上京、新横浜のホテルに2泊。ホテル泊の時は、母ももうそちらに行ってしまって。ゆいとももと、川の字で寝るのでよければ、娘の家に来てもらってもいいのに。男親って、そんなものでしょうか。

マイホームパパというタイプでは全くなく、chibico自身が幼少の頃、お休みの日に一緒に出かけた記憶などほぼ無いに等しく。大酒飲みですし(病気もして、今は随分と飲む量も減ったようです)、家庭より仕事優先だったにも関わらず、父は大きく、いつでも、信頼できる存在でした。

それは、母が、父の悪口や文句を言うことなく、いつも思いやりを持って接していたからだと、思い至ります。そういう母の、父に対する態度や姿勢から、こどもも自然と、父親の威厳を感じていました。

そういう意味では、母の良妻賢母ぶりが、特筆すべきことなのかもしれません。

chibicoも、これから、娘たちが成長してもっと話し相手になったとしても、ゆいやももに、うっかり夫君の文句を言ったり愚痴などこぼすことは、慎まなければいけないですね。

娘が、父親を絶対的に好きでいられることは、とてもしあわせなことだと思うから。

また、末っ子の私は結構へそ曲がりで、わがまま放題で、母は呆れ果てて知らんぷりするところ、父はフォローしてくれたように記憶しています。

いわゆる、パパっ子だったのですよね。笑。

頑固で、ちょっと偏屈で、不器用で、けれど豪快で人懐っこいところもある父が、chibicoは大好きです。

親を大切に思う気持ち。

育ててもらったご恩を感じること。

自分も親になって、40を過ぎてようやく、しみじみと、その意味が分かるようになったと思います。

繫がっていく、思い。家族の大切さ、娘たちにも、伝えていきたい。


「ベルグの4月」のチョコレートケーキ♡

お参りを無事済ませて、『鮨ぎん』で会食を楽しんだ後、おうちに戻ってのティータイム。

昔は、疫病などでこどもは命を落としやすく、7歳まで生きることは大変なことでした。

3歳、5歳、7歳の節目に、よく生きたと、その成長を祝ったそうです。

江戸時代、3歳は「髪置きの儀(かみおきのぎ)」を行いました。

江戸時代には子供の産毛を剃っておくと、将来健やかで艶やかな髪が生えてくると信じられていたため、男女問わず、3歳までは坊主にする習慣があったそうです。

乳幼児、全員坊主。なんだかすごいですね。その習慣が、終わりを告げます。

今の時代の七五三は、健やかな成長をお祝いする「家庭行事」のひとつ。

一生に一度の大切な、もものための1日です。来年7歳のゆいと、一緒にしてしまう案もなくはなかったのですが、ちゃんと、ももが主役でお祝いしてあげたくて。来年は、ゆいが主役でそれぞれにすることにしました。

形式にはそこまでこだわらず、家族みんなでお祝いする気持ちが、何より大事。

3歳のももは「どんぐりころころ」「大きな栗の木の下で」「とんぼ」の歌が大のお気に入りで、絶叫するように歌っています。

なぜか、人の耳たぶを触るのが大好きで(執着していると言っても過言ではない)毎晩の寝かしつけは、耳たぶの提供マスト。笑。

そんな今のももの、愛らしい、元気な姿を、胸に刻む。

「とらや」の最中。

お祝いの席の鉄板アイテム。紅白でおめでたい感じで、気持ちも華やぎます。

種なしピオーネ、種なしシャインマスカット。

皮ごと食べられるシャインマスカットは、こどもの手も汚れず、おとなが世話を焼く必要もなく、なんて優秀♡マスカット、次々と手を伸ばし、半分以上ももが食べました!

軽くなめらかなムース、濃厚なチョコレートクリーム、しっとりスポンジと、濃密な味わい。

何層にも重なったチョコレートの魔法に、ハートは舞い上がる♡

お義父さんお義母さん、お父さんお母さん、

可愛い孫娘のために集まってくださって、一緒にお祝いしていただいて、本当にありがとうございました。

もも。

ゆい。

五体満足で、明るく健やかに

パパとママの思い以上にすくすくと

育ってくれて、ありがとう。

日々、たくさんのことを学ばせてくれて、ありがとう。

しあわせな未来が

ずっとずっと、続きますように。

あなたたちの歩む先が

光に満ちていることを、願ってやみません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です