大好きな幼稚園♡タイムカプセルに入れる宿題を仕上げる際に思ったこと♡本年度最後の幼稚園懇談会&作品展♡力作揃いで見応え満点!




幼稚園からの宿題

1月末の金曜日に行われた、幼稚園の作品展&懇談会。

その時、翌週の金曜日(2/2)締め切りで、2枚の用紙が宿題として渡されました。(提出済)

「タイムカプセル」に入れる用紙です。

1枚は、幼稚園での記録/思い出/感想が時系列に行事ごとに書けるようになっていて、最後に10年後のゆいへ、親と先生からの言葉を書き添える欄が設けられていたもの。

細々とあれこれ書き込んでいましたが、それはさほど時間をかけることもなく、さらっと仕上げていたゆい。

もう1枚が、写真のもの。

「ようちえんのおもいで」とだけ記されている、いわゆる絵日記の形体。

「今のゆいちゃんの気持ちを残せばいいんだよ。幼稚園で、こんなことがあったなぁ、あんなことがあったなぁ、って思うことあるでしょう?それを自由に書いたらいいよ。とにかく自分の思うように、好きなように書いて(描いて)ごらん。」

chibicoは特になにも助言せず(助言のつもりが、こうしたら?とか、ああしたら?と、ついついchibicoのやり方を具体的に提案してしまいがちなので。本当に、微妙なラインなのですが。アイデアの押し付けにならないように、気を付けて。)

最近は、ゆいのすることに対して、だいたい本人に任せて。

ゆいの独自性/想像力を大切にするために、口をつぐむことにしています。

大きな空白を前にして、ちょっと考えた後、定規を取り出し、線を引いて6つに仕切り出して。

「こうしたら、いろんな絵がいっぱい描けるよね!」と、縦横関係なく、それぞれのコマをしあわせなイラストで埋めていったゆい。

なかなか面白いことをする!お遊戯会の衣装も、写真を見ながら上手に描けているわぁと感心したchibico「とても素敵なアイデアだと思うよ!楽しかったことが詰まってるね!」と、めいっぱい褒めました♡

やり始めてスイッチが入ったら、黙々と集中して描き続けます。

その集中力は大したもの!


集中力は褒める点。

でも、時間がかかり過ぎるのが、難点といえば難点。

ゆいは「優先順位」「締め切り」「時間厳守」の感覚がまだあまりないようです。

さあ、まずはこっちをやろう!と上手に気分を盛り上げてあげないと、なかなか始まりません。ちょっと待って、と他の塗り絵を延々と塗り込んでいたりするし。

提出期限があるものに関しては、優先して急いで仕上げなければいけない、ということが伝わりにくい。

そして、ひとつひとつのものに対して丁寧で、こだわりがあるのはいいけれど、時間には限りがあります。

幼稚園で描いてきたものを見た時、あれ?ゆいってこんなに雑かしら?と思うものが度々あるのは、それは時間が足りないせいだろうと気が付きました。

時間をかけて、何度も再考して手を加えていく。

提出日ギリギリで「うん、これで出来上がりかな!」と本人も納得してようやく仕上がりますが、それはchibicoが尻を叩かなければ、そうはいきません。

まだまだママの激励が必要。

6歳児、そんなものでしょうか!?

良くも悪くも、のんびり屋さんで、スピード感はないのです。

これから小学校に上がったらますます「時間内に仕上げる/終わる」必要が出てくる場面が増えるのではないかしら、とも思ったりして。

個性の尊重と、単に時間をかければいいというものではない、という考えの狭間で、もどかしさを覚えるchibicoなのでした。

そのうちスピード感も出てくるかしらね♡

と、希望。笑。


ちなみに

この「タイムカプセル」。

どこかで保管されて忘れた頃に送られてきて感激!というような洒落たものではなく。タイムカプセル(ラップの芯)に入れて卒園の時に渡されて、家に持ち帰るものだそう。

考えてみれば、毎年毎年卒園児全員のタイムカプセルをどこかで預かり続ける(そして発送し続ける)なんて不可能、そりゃそうだわ、と合点。

でも、ちょっと拍子抜け。

この用紙も大事だったけれど、先生の手元にずっと残るであろう、先生へお贈りするアルバム用紙の方が丁寧に仕上げるべき、重要度が高いのでは!?

ゆいちゃん、そちらの宿題にも集中してくださーい!

(これも励ましつつ、ちょこちょこ書き足して、ほぼ完成に近づいてきました♡)

平成29年度 共同作品展

全体のテーマは『世界』でした。

年長さんは世界各国、ゆいのクラスは『ブラジル』をテーマに作品を作り上げていました。

アマゾン川にイグアスの滝。

男の子たちが作ったピラニアがたくさん棲息していて、滝の流れ落ちる様子も雄大!

女の子はリオのカーニバルで踊る、カラフルなダンサーを作ったらしく。

リオの熱狂的なサンバ、というより、ほのぼのした印象を受けて、ほっこり♡

ゆいの踊り子は、ウインクしながらサンバしていました。

ご機嫌ですな♡

『アメリカ』がテーマのクラスには、自由の女神がそびえていたり。

アメリカ人のソウルフード、思わず「いただきます!」と手を伸ばしたくなる出来栄えのホットドッグが並んでいたり。

こちらは年少さんのクラス、可愛くて大きなドーナツが、さあどうぞと言わんばかり♡

年中さんで『大阪』をテーマに取り上げていたクラスがあり、おお、これは見逃せない!と個人的に楽しみにしていました。

くいだおれ人形のクオリティの高さに、驚愕!

はい、チーズ!

ゆいは仲良しのお友達とずっと一緒に見て回っていて、さながら、大阪観光中♡

大阪名物!ふぐなら日本一「づぼらや」も再現。

ふたりで、へぇと感心しながらしみじみと見上げていて、可愛かったわ♡

お好み焼きを焼くコーナーもあったり。

魅力満載、見応え十分でした!

『山梨』がテーマのクラスには、名物のほうとうが陳列されていて、具沢山で美味しそうなことといったら!

天井には果物もたくさん飾られていましたよ。

『神奈川』がテーマのクラスには、迫力満点!ベイブリッジがどーん、と出現。

全部は見て回れなかったけれど、どのクラスも手の込んだ見事な作品が並び、こどもたちと先生が力を合わせて作った大作が教室いっぱいに展示されていました。

幼稚園での工作、トレーや紙コップ、折り紙はもとより、新聞、緩衝材のぷちぷちや段ボールなど、身近な素材(廃材)を巧みに使っていて、なんでも工夫次第よねと感心しきり。

でも、家ではなかなかしないので、こういう創意工夫をしている幼稚園での生活は、本当に素晴らしい時間だと思います。

ゆいが毎日、笑顔でのびのびと過ごしてきた幼稚園に、改めて、感謝です。

クラスの棚に並んだヒヤシンス。

ゆいは、ばななグループで育てているそう♡

壁面に飾られていた、たけのこの絵。


今週は、ミニマラソン大会で800mの完走を目指して。

そして、2月後半のミニコンサート(クラスごとに合唱と合奏があります)に向けての練習にも、余念がありません。

たくさんのキラキラした思い出も、蘇る。

残り少ない幼稚園生活。

ゆいには、ただひたすら、めいっぱい楽しんで欲しいと思います!




2 件のコメント

  • こんにちはー!久々にコメントさせていただきます♡(でもずっとちゃんと愛読させていただいてますよ!)
    ゆいちゃん、すごく絵も字も上手〜ちびこさんの遺伝かしら…うちの子の絵心の無さといったら…田辺誠一と張り合えるレベル。心配になってきました。
    そして、娘の作品はずばりほうとう、でした!地味なほうとうを取り上げてくださってありがとうございます笑。案の定、持ち帰って手提げの中に具材が全部出てました〜
    ちなみに食い倒れはお友達のおうちに今あります…車でお迎えに行ってました…
    もうすぐ卒園なんて、なんだか本当に早いですよね。ゆいちゃんを幼稚園で見かけることがなくなると思うとさみしいです…でもちびこさんとはまだ会えるかな♡
    年長さんの心構えや小学校の話なども色々お聞きしたいし、ちびこさんパワーをいただきたいのでおヒマなときぜひご連絡ください♡
    長々と失礼しました!

  • あっこちゃん♡
    お返事遅くなってごめんね!
    いつも読んでくれてありがとう(*^v^*)
    卒園、プレ終了(プレクラスのまとめ役的なことをちょっとしていて、ボランティアのタスクあり)、入園、入学が重なる春で、なんだかんだと実際忙しいのか、気持ちだけ忙しいのか、通常がどういう状態なのかもはや分からないわ〜(笑)
    そんな中、銀行の用事だけ済ませに、と外出したら、デパ地下に寄り道してチョコレート物色してたりするんだけど(笑)
    作品展の大物、当たると悲劇&喜劇だよね!今日(9日)でもまだ、帰りのバスに凱旋門の大物が積まれていたよ〜。おてさげの中に散らばったほうとうの具… 微笑まし過ぎて、笑っちゃった♡
    Yちゃんもいよいよ青バッチさん!
    弟くんはプレ?なのかな!?
    ミニコンが無事に終われば、ホッと一段落すると思う♡
    幼稚園生活まだまだ続くので、こちらこそよろしくね〜〜〜♡

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です