そのお給料、誰のもの??




今回は、「旦那さんに養ってもらっている」と思ったことはない、というお話を掘り下げます♡

 

長女が生まれてから、私はずっと専業主婦。

大好きな子育てに専念して、家庭を守ってきた。家事育児、その他諸々のことを切り盛りしていて、外に出て働いていない。

結婚11年目、不妊治療5年越しでついに授かった待望の赤ちゃんだった!

どんな瞬間も見逃したくない!

自分で育てたいと私は強く思ったから、自分の意志で、専業主婦の道へ。

生後4日の長女。

その長女も、もう11歳。だから、10年以上、専業主婦です♡(今後のことは色々考えているけれど、それはさておき。)

 

10年以上専業主婦をしてきて「旦那さんに養ってもらっている」って思ったことはないです。もちろん、一生懸命働いて、実際に会社からお給料を貰っているのは旦那さんですが。

 

専業主婦だけど、専業主婦だからこそ、

 

旦那さんの稼ぎの半分は、私のもの。堂々とそう思ってる!

この考え方の根本は、両親によるもの。

私が、どうして「夫の稼ぎの半分は妻(専業主婦)のもの」という考え方をするようになったかについて、まず私の両親がどういう人たちなのか、お話しさせてね☺️

 

私の両親は、昭和の時代の、典型的な夫婦像。

夫は外で働き、妻は家庭を守る。そして、私の両親は、その昭和スタイルで成功した人たち。

父は、日本人なら誰でも知っている大企業に勤めていて、専務取締役まで上りつめた。昭和から平成にかけて、サラリーマンとして最高の人生だったんじゃないかな。

出世すればお給料も比例して、どんどん右肩上がり。会社が、社員とその家族の生活を手厚く保証していた時代。

私は、父のおかげで、普通ならできないようなこともたくさん経験させてもらえた。

海外生活はもちろん、高校1年生の時の初めてのバイト先がルイヴィトンとか。初めて乗った飛行機が、SQ(シンガポールエアライン)のビジネスクラスとか。

母は、結婚前に栄養士の資格も取っていたけれど、子どもを次々と3人産んで家庭に入り、しかも父の両親と同居して、専業主婦だった。

家のことを全て任され、お料理上手で裁縫上手で、私たちを育てて、外で働く父を支えていた。父の出世は、母の勲章でもあったと思う。

 

そして、両親は仲が良かった♡

父は、子どものことも家庭のことも、全て母に丸投げの仕事人間。稼ぐけど、湯水のようにお金も使う人だった。でも、そんな父でも大好きだったのは、理由がある。

当時、母が父のことを悪く言ったことが、一度もない。

身近にいる母親の感情は、子どもにも伝染する。

もし母親が、父親不在の場所で、父親の悪口を言ったり、けなしたりしたら、子どもは母親の言葉を信じてしまう。父親に対して、不信感が生まれる。

賢い母は、父がどれだけ自由奔放にしていても、否定的なことは一切言わなかった。それどころか、バリバリ仕事をして輝く父を、母は好きだったのだろうな。

だから、日常的に食卓を一緒に囲むことなど皆無だった父だけど、私は大好きでいれた。

たまに家にいると、父のタバコ(チェリーという銘柄だった)の匂いが家に充満して、それが父の存在を明らかにし、私にとってはそれすらいい匂いと思えていた。(昭和過ぎる!)

そして、サラリーマンとして飲みニケーションが何より重要視された父の時代、酩酊して帰って来ることも常だったりして。

酔っ払って帰宅した父が、豪語した

 

「オレの稼ぎの半分は、よう(母の名)のもんやなぁ!」

 

思春期の私に、強烈なインパクトを与えるセリフだった。

父は父で、自分が自由に働けること、自分の両親や子どもたちを母に任せっきりなこと、それを受け止めてくれている母に、感謝していたのだと思う。

そういう夫婦の図式をずっと見て育ってきて、それがお手本となっていた私にとって、家庭を守って、家族はチームだと認識して。夫君のお給料の半分は私のものと思うことは、自然だった。

 

家庭を守るということがどれだけ大変か、育児がどれだけ重労働か、と同時に尊いことか、ものすごいことをしているという自負もあるからこそ、そう思えてる。

母ほど完璧な専業主婦じゃないけどね!

 

そういう考え方に、夫君も賛同してくれてる。

彼が外で働くことに打ち込めるのは、私が家庭内の細々としたことを担って、彼の、私たちの、こどもをケアして一生懸命育てて、仕事に出かける彼を、いってらっしゃい!って笑顔で送り出しているから。

 

家庭は一つの組織であり、私は、私の担当していること、やるべきことをしてきた。

だからこそ、彼は外でしっかり働ける。仕事に集中できる。

 

そうでしょ!?

家族は、チーム。家庭は、一つの組織。

 

そして、その家庭という組織の中のトップは、専業主婦である私。

トップ/母親の在りよう、采配次第で、その組織が笑顔あふれるいい組織になるか、いまいちうまく機能しない組織になるか。180度変わる。

 

我が家は、ハッピー家族♡

そうなれるように、私は努力してきた。

というか、ただ、家族が大好き♡それだけなんだけど。笑

専業主婦の皆さんに、本当に、心から伝えたい。

毎日、家事、子育て、名もない労働の積み重ね、お疲れ様です。

日常を回すということが、どれだけすごいことか!

旦那さんが外で集中して働けるのは、あなたがいるから。旦那さんがわずらわしいと思う細々したことを、あなたが引き受けているから。

家庭という組織(あなたがあなたの家庭の会社の社長です)の中で、お互いがお互いの得意を活かして、分担している。だから、もしあなたが専業主婦なら、旦那さんの稼ぎの半分は、間違いなく、あなたのものなのね。

考えてみたら当たり前のことなのに、それに気付いている専業主婦は、多くない。

 

世の中では、夫婦喧嘩した時に旦那さんが「誰の稼ぎで食えると思ってるんだ!」なんて言うらしい。

はい?何それ昭和?(私の父は違ったけれど)

え、架空の世界ですか?って思うけど、令和の現代でも、私の友達の旦那さんがまさにそのタイプ。

正直、まじであり得ないって、私は思ってる。

じゃあ聞くね「誰のおかげで生活できると思ってるの?」。家族が気持ちよく暮らせるように、生活をデザインしているのは、専業主婦の私たち。

 

ここでね、重要なのは、

あなたのマインド。

 

あなた自身が「私は養ってもらっている」と思っていたら、そうなってしまう。

あなたのその考えが、現実を形作る。

 

専業主婦で、旦那さんが気持ちよく外で働けるように

そつなく、家庭を回してるよね

 

食品や日用品のお買い物して、ごはん作って片付けて、なんならお弁当も作って、家族の健康を考えて。

掃除して、洗濯して、洗濯も洗剤を使い分けて、タオルはふんわり洗い上がるようにしたりね。

窓拭いて。歯磨き粉やトイレットペーパーが切れないように補充して。季節が変わる頃には衣替えして。

こどもたちのお世話をして、幼稚園や学校とのやり取りに時間を割いて、PTAに参加して、習い事の送迎して、必要なものを揃えて。

こどもたちがこどもたちの社会の中でうまく生きれるように、見守って、時にはハラハラして。情報収集のために、ママ友とのコミュニケーションも怠らず。

 

これって、あなたが日々している、ほんの一部の業務。常に、ものすごいタスクをこなしてる。

あなたが、旦那さんに食べさせてもらってるって思ってたら、それが現実。

でもね、そうじゃないよ。あなたは、旦那さんのお給料の半分、稼いでいると自負していい。

「誰の稼ぎで食えると思ってるんだ」に対しては「誰のおかげで整った生活ができると思ってるの」「あなたの子どもがここまですくすく成長したのは、誰のおかげ?」

家族のために、どれだけのことをしてる?あなたがいなければ、あなたの家庭は回らない。

まずは、あなた自身のマインドから。

 

堂々と、旦那さんの稼ぎの半分は、私のもの!って思って欲しい。

自信を持ってね。

自信って「自分を信じる」ってこと。他でもない、あなた自身が、あなたをしっかり評価して、価値ある自分だと認めてあげてね!

世の中の旦那さんにも伝えたい。

「僕の妻へ。君がいてくれるから働ける、いつも家族のことを考えてくれてありがとう、僕のお給料の半分は、君のもの」

世の中の旦那さんが、そういう意識で専業主婦の奥様を見て、称えてくれたらとっても嬉しい。

 

家庭という一つの組織に入ってくるお金(=旦那さんのお給料)は、家族のチームワークのなせる技!

半分は、あなた(専業主婦)が稼いだもの!

 

そこを、ぜひ、忘れずに。

夫婦の価値観を、きちんと擦り合わせてね。

 

そしてね、絶対に忘れてはいけないこと、私は、私の夫君に、めちゃくちゃ感謝してる♡

これ、大前提♡

私が知らない世界で戦っていること、重圧やストレスは、計り知れない。

彼が彼のフィールドで成し遂げていることに対して、心の底からリスペクト。彼がしっかり働いてくれているからこそ、家庭が成り立ってきたということも、間違いのないこと。

とても良き父親、良き夫。

夫君と結婚して良かったなって、思ってる♡

お互いが、お互いのフィールドで能力を発揮して、尊重し合うこと。支え合うこと、補い合うこと。

その夫婦の認識、本当に大事です。

 

最後にもう一度。

 

旦那さんの稼ぎの半分は、あなた(専業主婦)のもの。

 

あなたの思考が、現実となって現れるよ!

 

(この考え方が出来ると、あなたは確実にネクストステップへ!)

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です