アメリカ便り☆アメリカでの新婚生活!?♡




コロナ渦中に、アメリカに渡ったあやちゃん。

詳しくはこちら

どうなることかと、妹はあれこれ勝手に気を揉んでいたけれど。アメリカはアメリカでの自粛生活、その中での新婚生活が、あやちゃんらしいというか♡笑。

5月初め、ヒヨコを飼い始めたよ!と小さなヒヨコちゃん2羽の写真が届いて。

コロナ以降、アメリカでは野菜を育てたり、鶏を飼ったりが流行っているとか。

5月も終わり頃。ヒヨコはずんずん大きくなってて。

わーお♡ 1ヶ月の間に、ぴよぴよベイビーだったヒヨコちゃんが、小学生(低学年ぐらい!?)に成長。

もうヒヨコでもなく、でも大人の立派なとさかがあるニワトリでもない、まだ弱々しさを残しつつもかなり意思のある表情。

この毛(羽)の生え具合、サイズ感のニワトリってあまり見たことがないし、なんだか不思議な生きもの。

あやちゃんは、卵を楽しみにしているそう。

まだまだちゃう!?笑。

 

と、気になって調べてみたら。

ヒヨコがふ化してから120日くらいたったところで最初のタマゴを産むニワトリもいますが、大多数は140〜160日で産みだします。おおざっぱにはふ化後5ヶ月で産み始めるとしていいでしょう。

日本養鶏協会HPより引用

ふ化後5ヶ月で!

結構、すぐに卵を産むのだと知り、びっくり。

こちらは、トマトを植える準備… って、プランターじゃないのね。

庭に鶏小屋を作るため、トマトを植えるため、まずはヤシの木を斬り倒し(根っこの対処が大変で)ここのところひたすら穴を掘っていたらしい。

トマトの種を発芽させてる… って、

 

どんだけー!!

 

トマトと相性抜群のバジルも植えたそう。

いいな、うちも植えようかしらん♡小さいプランターで。笑。

そういえば、何年か前は我が家でもバジルやトマトを植えて、うまく収穫も出来て、それらを使ってパスタ作ったりしてたんだわ。

 

西海岸のギラギラした太陽のもと、連日お庭仕事に精を出していたら肩の皮が剥けたって。

UVケア重要!

そういうchibicoも、バドミントン焼けが地味にヤバいのよね。笑。

 

個人的に興味があり気になることといえば、お食事事情。

和食をあまり好まないバートさん。何か美味しく目新しいものをって、きっと思っているあやちゃん。

料理上手のあやちゃんでも、毎日のアメリカンなごはん作りに苦心している様子が、ちょっと可愛いと思ったり♡

とりあえずお肉焼く&ポテト、塩 or BBQ or テクスメクスの味付けでえーんちゃう、なんて新婚さんに無粋なアドバイスだわね。

シャッターきられて、ハッとする相棒♡

 

日本を発って、早2ヶ月以上。

毎日、ふわっとしているうちに過ぎていくと言うけれど、こちらも本当にそんな感じ。

「何か変化欲しいわ〜」とおっしゃる姉。

そちら、十分過ぎるほど激変した環境で生活してると思うんですけど!笑。

 

でも自粛生活はあくまで自粛生活だものね。こもってるものね。

 

chibicoも、緊急事態宣言が解除されたからといって、おいそれとすぐにどこかへ出かけよう!という感じでもなく。

夫君の会社は引き続き在宅勤務推奨で、6月以降もステイホームでリモートワーク。

コロナをキッカケに、完全に、働き方改革が起こってる。

学校や幼稚園、習い事も再開して(30日土曜日に早速、バレエレッスンがありました。)少しずつ日常に戻りながらも、手探りの部分も多々あって。

パーっと開放的に弾けて遊べるようになるのは、まだまだ先。

何がしたいかなぁと考えると。

海を越えて、旅行したい。飛行機に乗りたい。

海外となると、ハードルが高い。世界的に落ち着いてからだものね。

そうだなぁ、あやちゃんに会いに行きたいな。

そちらでも、元気にハッピーに過ごしてね♡

大切な人に、大好きな人たちに、自由に会いに行ってハグできる日が、1日も早く戻って来ますように。

 

明日も、みなさまが笑顔で過ごせる1日でありますように♡

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です