鬼滅の刃、からの里見八犬伝☆小学3年生の興味♡呪術廻戦も…!




「鬼滅の刃」、物語自体はすでに完了していて、最終巻も読み終え、なんとなく一段落した鬼滅ブーム@chibico的。

ゆいも、少し前までは話すことといえば鬼滅についてばかりで、ちょっと大丈夫かしら!?と思っていたけれど。笑。

やっと、他にも目と意識がいくようになってきました。

上の顔、鬼になった獪岳と再会した時。

へたれと戦闘モード時の、善逸のキャラクターギャップがほんと好き♡

自分の中で、ブームが落ち着いたとはいえ、次から次へと描く絵は鬼滅オンリーだけど。笑。

最終巻とセットで購入した、限定フィギュア。

え… 雑っ!!!

結構、びっくりした。笑。

組み立てて、しれっと、ゆいの机の上に並べられているフィギュア。これ、ゆいちゃんのものだったんだー。そうなのかー。笑。

かわいい♡

まだまだアニメは続くから、当分、世の中もゆいの熱も継続するだろうけれど。

鬼滅の話題がもちろん一番多い中、今、ゆいには「里見八犬伝」もキテます!

朝日小学生新聞に、里見八犬伝の漫画が連載されていて。

とても面白いらしく、スクラップしたり。

学校の図書室でも、本を借りてきました。

「里見八犬伝」

江戸時代に書かれた、日本初の長編冒険物語。曲亭馬琴という作家が、28年かけて、全106冊で完成させたそう。

当時から現在まで言わずと知れた人気作。小説、漫画、ドラマ、映画、舞台、あらゆる表現の原作として親しまれていますよね。

新聞とこの漫画本とでは、キャラクターのカラー設定(髪の色や衣装の色など)が全然違うらしく。

えー!とか、こっちの方がイメージ合ってる!とか、このキャラ悲鳴嶼っぽい!とか、ああでもないこうでもないと、比較したりして楽しんでおります。

「鬼滅の刃」、「里見八犬伝」、ゆいが以前ハマっていた「犬夜叉」然り。

冒険、友情、剣士、剣士のアイテム、必殺技、旅、時空を越える、師弟関係、などの要素。旅をしながら仲間が増え、成長し、最後にラスボスと闘うという少年漫画の定石に、ゆいはハマるのか♡

日本最古の歴史書「古事記」には、たくさんの神様や天皇が登場して、神様は一人二人ではなく、一柱(ひとはしら)、二柱(ふたはしら)と数えたり、カラスが神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれびこのみこと、のちの神武天皇)の使者として活躍していたり。

「鬼滅の刃」にも、日本の歴史書や神話のエッセンスが散りばめられている。

古のもの、歴史ものにインスパイアされたり、学ぶことは多い。

小難しく考えず、「面白い!」と思えることはすごく大切。でもただ「漫画が面白かった」で終わるのではなく、そこからさらに深い興味を持つように、指南してあげたい。

面白い漫画がきっかけで、ゆいの視野と思考が広がればいいなと思う♡

 

ちなみに。

現在進行形でジャンプに連載中の「呪術廻戦」のアニメも、これまた面白くて見出しちゃって… (Netflixでね)

鬼滅の刃ほど、人間味を深く味わうようなストーリー展開でもないのだけれど。

スタイリッシュでスピード感があって、ゆいはこちらも夢中になってる。絵が本当に綺麗で、日本のアニメ、改めてヤバいです。偉大!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です