シンガポール家族旅行〜第2日目後半〜幼稚園のお友達と再会してプール遊び。ナイトサファリで大興奮。




Day2 後半 お友達と再会♡

ご主人様の転勤につき、夏休みの間にシンガポールにお引っ越ししたAちゃんご一家。

タイトなスケジュールの家族旅行で、大まかな日程もギリギリまで決まっていなかったchibico、ようやくAちゃんに連絡できたのは、出発の3日前ぐらい。それでもすぐに会おう会おうと話は進み、Aちゃんたちがホテルまで来てくれることになりました。

娘のRちゃんは、毎日のように日本の幼稚園に戻りたいと言うそうで、それを聞くと切なくなったけれど。元来の明るい性格と前向きさはそのまま、元気いっぱいの様子だったRちゃん!

今はインターナショナルスクールに通っているそうで(9月から新学期が始まるシステム上、ひと足先に小学1年生)この日ゆいと再会して、同い年の女の子と日本語で思い切りおしゃべりできるのが、とても嬉しかったそうです。

あたたかい雨が少し降ってきましたが、どうせ濡れているのだからと、嬉々として水遊び。

Aちゃんとchibicoは、パラソルの下寝転びながら、おしゃべり。

ももは、水着用のオムツがなくて、パパとお買い物。

シンガポールに発つ前、近所のお店を数軒回ってプール用オムツを探したのですが、シーズンオフ商品でどこにも在庫がなくて。ネットでも、もものサイズが見当たらず。

結局、ザ・リッツ・カールトンに隣接するショッピング・モール「マリーナ・スクエア」内に「KIDDY PALACE」(夫君曰く「アカチャンホンポ」のようなお店)があり、そこで現地調達しました。

プールではしゃいだ後は「コロニー」でアイスクリームをもらって、トッピングを楽しんで♡

食べかけのアイスクリームを「冷やしておこうよ!」と冷蔵庫に入れてみたり。溶けちゃいますよ。笑。

ちょっとでも会えて、本当によかった。

元気な顔を見ることができて、新天地で頑張っているAちゃんたちから勇気ももらって。

海外でお友達に再会するなんて、かなり特別なことだと思うのだけれど、ゆいの記憶にはどんなふうに刻まれるのかしら。

言葉が通じないもどかしさ、文化の違いに戸惑いながらも、日本で暮らしていては得難い経験をして、肌で感じて、視野を広げて、Rちゃんはぐんぐん成長していくのでしょう。期間限定でシンガポールに住めるなんて、ママもこどもも羨ましい!

これからもAちゃんご一家に幸多からんことを、心からお祈りしています♡

ナイトサファリで大興奮

夕方4時半にホテルロビーでピックアップ。

現地発着オプショナルツアーにて「ナイトサファリ」へ。

初めは、自力で行こうと思ったりもしたのですが。大人気のナイトサファリ、人が想像以上に多くてんやわんやで、ある程度ナビってくれるガイドさんがいるオプショナルツアーにして、大正解。

ツアーは、エクスプレストラムの優先乗車、アニマル・ショーの鑑賞(座席確約)、往復送迎付き。

マイバス(JTB)ツアー利用(詳しくはこちら)。現地で電話一本で予約できて、日本で申し込むより割安でした。

今は日本各地でも、夏休み中など夜間に営業する動物園も出てきましたが、シンガポールのナイトサファリは先駆者。

『世界初・夜だけ開園するサファリパーク』として、1994年5月26日に開業しました。

光るゼブラーマン、参上。

到着して、開園の19時15分まで、併設の食事エリアで夕食を楽しみます。

奥にビュッフェレストラン、他にもシンガポール料理など提供するお店が数軒並び、ホットドッグのような軽食もありました。

ラクサ セットS$20.90

スパイシーなココナッツミルクのスープで米麺をいただく、マレー系料理の代表格。

サンバル イカン セットS$18.90

マレー語/インドネシア語で、イカン=魚。

魚に、チリや香辛料たっぷりのサンバルソースを塗ったおかずです。ごはんの回りにおかずを何点か添える定食スタイル。

黄色いお米は、ターメリックとココナッツミルクで炊いたもの。この、三角の円すい状の盛り付け方は、トゥンペン(tumpeng)といい、インドネシアの文化です。

ハレの日に用いられるトゥンペンに、ここで出会えて感激!

ソイソース チキンヌードル セットS$17.90

全部それなりに美味しかったけれど、ばっちり観光地価格でした。

食事が済んだら、ツアー参加の皆様と揃って移動して、トラム乗車口へ。

このトラムに乗車して、園内探検ナイトサファリへ、いざ出発。

以前は日本人専用の日本語トラムが運行されていたそうですが、2017年5月に廃止。

今はマルチ言語ガイダンスになっています。イヤホンを装着し、8つある言語の中から日本語を選び、音声解説を聞きながら回ります。

余談ですが。日本人の観光客だけを相手にする態勢は、今は昔。昨今、シンガポールに訪れる最も多い観光客は、インド人だそうです。確かに、ローカルではないインド人も、行く先々で本当に多く見かけました。

トラムに窓はなく、動物たちの息吹を間近に感じられます。暗闇の中を進んでいき、ゆいは息を潜めながらも、右に左に視線を走らせ、大興奮でした。

テンションがアガってウキャウキャ騒いでいたももも、ねえねに「静かにね!危ないよ!」と注意されて、トラムが走り出すと神妙な顔でひっそりと座っていて、可愛らしかった♡(パパとお買い物に出かけた昼間に、ベビーカーの中ですやすやお昼寝をした甲斐があり、眠くなって不機嫌になることもなく。)

トラムで園内探検後のアニマル・ショーも、司会者の軽快なトークがお見事で、なかなか見応えがありました。

ショーを見終えたら、駆け足で帰りのバスに乗り込む感じ。

もう少し園内やお土産など見たかった気もしますが、ホテルに帰着したのは22時。ちびっこたちのことを考えたら、これで充分でした。


【2日目にできたこと】

  1. ホテルの「コロニー」で優雅な朝食
  2. これぞシンガポール!マーライオン見学
  3. リトル・インディア散策、本場インドカリーを味わう
  4. お友達と再会して、ホテルのプール遊ぶ
  5. ナイトサファリでトラムに乗る

遊び尽くした2日目も、無事に大団円を迎えました♡




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です