焼肉うしごろ西麻布本店@西麻布




結婚記念日に、『うしごろ』で向き合い無邪気に焼肉を頬張るしあわせ♡

先日、夫君とデートして(詳しくはこちら

お食事は、普段のそれとはひと味もふた味違う、焼肉でした。

『うしごろ』♡

その場所は、西麻布交差点からほど近い『うしごろ』さん。

高級住宅地の個人の邸宅か、はたまたデザイナーのオフィスビルかのような、スタイリッシュな外観です。

お店の外には当然、のぼり旗なんてありません。

渋い外灯がひとつ、灯っているだけ。

ドアを開けるとレセプションがあり、予約の名前を言うとすぐに席に案内されました。

セッティングは最小限でプレーン

いいですね、気取らず♡

それにしても。焼肉屋ですが、煙一筋、立ち昇っていない店内。

場所柄、焼肉臭を衣類に付着させたままお店を後にする、なんてことは野暮なのかしらね。

最高級の和牛使ってます♡

A5ランクの牛肉を使っているという、賞状や盾の数々が掲げられて。

高級店と名高い「うしごろ」さんですが、お肉が最高級なのであって、格式高くて畏まらなければいけないワケでは全くなく。

西麻布らしく(!?)外国人も多いし、遊び慣れた若い人もいるし、ヤングエグゼクティブも好みそうなお店。平日はもっとビジネスパーソンや業界人の利用もあるのかな、という感じ。

わいわいと写真も撮って、問題なし。

外国人は動画も撮っていた。笑。

コースのススメ

焼肉屋に行きアラカルトで注文すると、ついつい好きなもの(部位)を頼んでワンパターンになりがちだから、今回はコースにしよう!と夫君。

お店のお勧めが少しずつ出てくるので、うしごろ初心者のchibicoは、それが一番楽しめるはずって。

まずは乾杯♡

しゅわしゅわ系、繊細に立ち上る泡のように、気持ちもしゅわわと舞い上がる〜♡

牛刺し3種盛り合わせ。

キムチ盛り合わせ、ナムル盛り合わせ。

サラダ。

普段なら野菜もたくさん食べて!と思うけれど、この日はとにかく「お肉食べたい」って気持ち。笑。

極みのタン、厚切りハラミ。

ちなみに、お肉はお店のスタッフが焼いてくれます。

頃合いをみて、抜群のタイミングでやってきて、手際よくお肉を焼き、去っていく。

なかなかイケメンのお兄さんが私たちのテーブル担当、焼き方にもコツがあると密かに自信を覗かせ話してくれて、プロ意識をしっかり持っていました。接客するのも、試験をパスしてからだそうです。

でも、お客様のために初めて大判サーロインを焼いた時は、緊張してちょっと失敗したとかわいいナイショ話も教えてくれたり。笑。

本日のスープが、これまた秀逸。

牛だしの旨み凝縮なのにさらりとしたスープが、五臓六腑に染み渡る。牛肉のつみれはほろほろと、とろけるよう。

噂の、大判サーロイン。

前出のお兄さんが、焼いて、巻いてカットして、タレの小皿に置いてくれました。

ハイボールもすすみます♡

ザブトンのすき焼き、特選部位各種。

この一口サイズの白ごはんと、まったり濃厚な黄身。1枚のザブトンのために用意された、名脇役たち。

夫君と、う〜ん♡と唸り合いながら、味わい尽くす。

至 福 ♡

締めのお食事は選べて、特製冷麺をチョイス。

お酢を少し垂らしてさっぱり、冷えたスープと、弾力のある麺をつるりっと。

絶品。

食事ものは、一番下のとろたく巻きを除く7種類と、もう1種類別ページから。合計8種類の中から選択できました。

デザートは「ミックスベリーのシャーベット」と「白いコーヒーブランマンジェ」。

デザートも、7種類から選択可。

 

大好きな焼肉、大いに満喫「うしごろ」まとめ

自分でいそいそ焼くことも楽しいけれど、ゆったり構えて、人に完璧な焼き加減で仕上げてもらい舌鼓を打つのも、なんて贅沢な焼肉。

美味しいって、しあわせ。

美味しいを分かち合いたい相手がいるって、しあわせ。

夫君、素敵なプラン、ありがとう。

いろんなお店、また行きたいね♡


焼肉 うしごろ 西麻布本店

東京都港区西麻布2-24-14 Barbizon73 1F

予約・問い合わせ:050-5868-0615

    *TEL予約は14:00より
    *WEB予約は24時間受付

営業時間:[月~金]17:00~24:00(L.O.23:00)
     [土・日・祝]16:00~24:00(L.O.23:00)

*毎月プレミアムフライデーは16時OPEN

定休日:無休

*駐車場なし




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です