シンガポール家族旅行〜ホテル朝食編〜ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポール「コロニー」




史上最強の朝食ビュッフェ

ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールの「コロニー」にて。

パーフェクトを超えたビュッフェもさることながら、お店の雰囲気も抜群の「コロニー」。

コロニー=colonyとは「植民地」という意味です。

シンガポールはかつて英国の植民地で、その影響が色濃く残っています。ストリートの名前にイギリスの通りの名が付いているところも多いし、ヨーロッパ様式の建築もしかり。広く浸透しているアフタヌーンティーの文化/習慣なども、そのひとつ。

この「コロニー」も、その名の通り、コロニアルスタイルのインテリアで埋め尽くされています。一際目をひく、天井の巨大な円の電燈を指差して「これもここの象徴です。ベリー コロニアル」と、スタッフの方が教えてくれました。

コロニアルスタイルとは、植民地時代にヨーロッパから持ち込まれた文化、洗練された品の良さと、アジアの風土やリラックス感が混じり合ったスタイルのこと。

とても居心地の良い空間です。


さて。

ハッピーな1日の始まり。朝食ビュッフェ。

今まで食べたエッグベネディクトの中で、これはベスト!

作り置きではなく、もちろん、注文してから作り始めます。

エッグベネディクトと65度で調理する温泉卵、この2種類のためだけのコーナーがありました。

とろぉ〜り、とろけ出した卵の黄身と濃厚なオランデーソースが混じり合い、ハムの塩気やパンの食感が一体となって、朝からめくるめく美味しさに、くらくら。

サンドイッチのコーナーには、ジャムやドライフルーツも。

  

サンドイッチコーナーの隣には、チーズやハムのコーナー。

  

ハムも6種類、チーズも6種類。

白ワインいただいちゃっていいでしょうか。

シリアルに、フルーツのコンポート。

ミルク、低脂肪ミルク、豆乳、チョコレートミルクが揃います。

和食コーナーには、お漬物、きんぴらなどのお惣菜、お豆腐など。映っていないけれど、お味噌汁も完備。

白ご飯は別のところにあり(マレーシア料理のコーナーに、スチームライス、として置いてありました。)ここでは、ちらし寿司が2種類。

マレーシア料理のコーナー。朝からこってり!

手前は、チキン・ルンダン。

ルンダン、もしくはレンダンは、牛肉や鶏肉をココナッツミルクと香辛料で長時間煮込んだ肉料理。インドネシアの西スマトラ州(州都パダン)の郷土料理で、パダン料理を代表する料理です。マレーシアでもごく一般的に食べられる定番メニューで、白ご飯とともにいただきます。

香辛料たっぷりの炒め物から、ストウブ鍋まで登場。

インド料理も取り揃えられています。

手前のシルバーの容器には、マサラティーが入っています。銅色に輝く容器は、全部カレー。朝から、何種類ものカレーです。あっぱれ。

  

サモサはもちろん、豆の煮込み、ナン、チャツネの類も、いろいろスタンバイ。

ブリオッシュやクロワッサンなど、整然と並んだベーカリーコーナー。

芳醇なバターが香るミニクロワッサン。サクサク、しっとり。ゆいもこれをすごく気に入っていました♡

なみなみ注いだカフェオレと、これを5個食べられたら、もう極楽浄土。

ミニカップケーキもずらり。

クロワッサンなどのコーナーとは別の場所に、トーストするパンのコーナー。

ここには、卵をオムレツやスクランブルなど、好きなスタイルに調理してくれるコックがいました。

サラダコーナー。

麺料理コーナー。ちなみにこの隣には、点心コーナーもあり。

注文してから麺をさっと茹でてくれて、平麺、細麺、米粉ヌードルなど、6種類ほどの麺からチョイスできました。

薬味乗せ放題。パクチーはお約束。

フライドガーリックオイルとフライドオニオンで、旨味とコク満載。

さっき、別の場所に、何種類もジャムやコンポートありましたよね。まだまだあります。

そしてこの蜂蜜!巣ごと蜂蜜が掲げられていて、スプーンで刮げ落として好きなだけ、いただきます。これまで幾度も経験したビュッフェの中でも、こんな蜂蜜台、初めてお目にかかりました。

冷たいジュースも色とりどり。

カットフルーツにホールフルーツ、この日は全部で14種類!

信じられないことに、まだあります。

そうです、デザートコーナーです。

その場でシェフがせっせと焼いている、パンケーキに、ワッフル。

チョコソースやイチゴソースなど、これまた、これでもかと。

ももは、メープルシロップをかけて。チョコソースとバター添え。

パンプディングもありました。カスタードが香り立つ、ほのあたたかいパンプディングに、バニラソースをとろとろっと。感涙の美味しさ。

朝から怒涛のカロリーオーバー、この際、気にしていられません。

ヨーグルトアイスは、毎朝5種類、揃っていました。

(朝食の時間が終わると、ヨーグルトアイスがアイスクリームに入れ替わり、ritz kidsのワンスクープアイスを、ここでいつもいただいていました。詳しくはこちら。

トッピングも自由自在。

チョコレートソースもかけて、朝からアメリカンな。笑。

デザートコーナーには、ジャーに入ったカラフルなグミやキャラメル、M&M’sも並んでいました。

3回、朝食をここでいただく機会があって、これだけレポートしても、全部をカバーしきれていません。

その場に行くと、朝食ビュッフェの領域を超えた品揃えに圧倒されること、間違い無し。

狂喜乱舞し、目移り必至。無限の胃袋が欲しいと、ここに来て願わない人はいないでしょう!




2 件のコメント

  • こんばんは。

    まだシンガポール滞在記を最後まで読み終えていませんが、
    これはコメントせずにはいられない!
    圧巻の朝食に今すぐ泊まりに行きたくなりました。
    シンガポールはちょっとした駅ビルのラクサでも屋台のご飯も
    美味しかった記憶がありますが、この美しさはホテルの朝食ならではですね。

    そしてChibicoさん、お誕生日おめでとうございました。
    今後もブログ、楽しみにしています。^^

  • habiさん
    こんにちは!コメントありがとうございます♡
    そうなんですよね、シンガポールは屋台から高級ホテルまで、麺いっぱいからフルコースまで、中華、マレー、インドはもちろん各国料理が本当に身近で手軽に楽しめて。食いしん坊にはたまらない美食の国!

    habiさんの娘さんたちもすくすく成長されているでしょうか。下のお子さんに手がかかる時期かな?^^娘さんたちを連れて、ぜひいつか行ってみてくださいね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です