奈良へ小旅行〜カナカナ@奈良町




町家カフェ カナカナ@奈良町

近鉄奈良駅から、ぶらぶら歩くと20分〜30分ぐらいでしょうか。

奈良駅を降り立って、商店街を抜けて。

細い路地や抜け道が左右前後に張り巡らされて、情緒あふれる奈良町。

あ、あった!

ようやく見つけた『カナカナ』さん。

石と緑と馴染むひっそりとした立て看板が、そっと置かれていて。

風情ある外観。

奈良町ブームの先駆け的存在の古民家カフェ。

せっかく奈良まで来たのだから、こういうところでランチしたい!

店内の雰囲気。

靴を脱いで上がる畳のスペースと、靴のままのテーブル席がありました。

カナカナごはん 1,350円(税抜)

温かい鮭南蛮、切り干し大根の煮物、小松菜ときのこの煮浸し、蒸し鶏ときゅうりの中華風、こんにゃくの含め煮、高菜のせごはん、お味噌汁、いちご入り寒天。

たくさんの小鉢が嬉しい、滋味あふれる和定食。

観光客にとっては、ランチタイムだけでなく、終日オーダーできるのがいいですね♡

主菜「温かい鮭南蛮」、茄子の素揚げが揚げたてでめちゃくちゃ熱くて、口の中を火傷しそうになるも、セーフ。

鮭の身はホクッと、皮はパリッと。少しきつ目のお酢の酸味が効いて、すごく美味!

お米もふんわり柔らかくて、ごま油の香り豊かな高菜が、これまた絶妙。

おかわり一人一膳まで、無料でした。

海老カレー 900円(税抜)

胡椒を入れずに、生クリームを足してマイルドにすることが出来ますとのことで、こどもたちには海老カレー。

こどもたちの間を持たすように、チョコレートケーキ 450円(税抜)も注文。

一口貰って食べてみると(独り占めしたいこどもたち、ちょっとしかくれないから、ちゃんと味わえなかったけれど。笑。)

濃厚なのに甘さ控えめでさっぱり、なるほど、こどもでも1ピースぺろりと食べられるワケね。

チョコレートが、見事にアーチを描いて。

ぷぷ、なんでこうなるかな♡

カナカナごはんセットに付いている食後のコーヒーは、しっかり濃く深い味わい。

コーヒー、アメリカンコーヒー、紅茶(それぞれhot/ice)、ハーブティー(8種類)から選べました。

「カナカナ」の2号店「ボリクコーヒー」というカフェがカナカナの近所にあり、そちらではコーヒーを店名に掲げているだけあって、自家焙煎コーヒーを出しています。

カナカナのコーヒーも、ボリクコーヒーの自家焙煎なのかな?と思ったら。

カナカナで出されているコーヒーは、岐阜県にある「ミル」という知る人ぞ知る珈琲屋のものとのこと。

こだわりあるある!

田舎のおばあちゃんちに、みんなでワイワイ遊びに来たみたいな♡

カナカナさん、人気なのも納得!

私たちが伺ったのはお正月の1月4日で、客足はずっと途絶えず。私たちも、30分ぐらいウェイティングしたでしょうか。

悠久の奈良ならではの、カナカナさん。ものすご〜くのんびりした時間が、流れていて。

ひとつひとつ丁寧に作られているお惣菜ばかりで、栄養満点カナカナごはん、満ち足りた。

ご馳走様でした♡

 

カナカナ

奈良県奈良市公納堂町13

TEL:0742-22-3214

営業時間:11:00〜19:30(L.O.)

(12月、1月、2月は19:00まで)

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休み)

予約:不可

オーナーさんが、ロシア好きらしい。オーナー自ら手がけたロシア本や、セレクトしたロシア雑貨などが販売されているミニコーナーあり。

古民家とマトリョーシカのコラボの不思議も、味わえます♡

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です