白馬村家族旅行2018夏〜1日目〜諏訪湖経由ドライブ・『白馬グリーンスポーツの森』で遊び&キャンプ・白馬の夏祭り☆




子連れで初めての長距離ドライブ!白馬のキャンプ目指して、いざ出発!

神奈川県横浜市の我が家から、長野県北安曇郡白馬村まで。

すいすい進めば、片道4時間〜4時間半。

渋滞にはまると、6時間以上覚悟!?

渋滞のない電車で行くか、車で行くか。初めは迷っていたけれど、結果、車で大正解

家族4人分のあれだけの荷物、手持ちで行くなんて不可能でしょう!現地での機動力も全然違ってきます。行きも帰りもちびっこ達は爆睡でしたし、こどもが小さいうちはドアトゥドアで移動できる車が、最上の交通手段ですね。

事前に、夫君とルートを綿密に確認。

というのも、我が家のカーナビが古くておバカさんなもので、新しい道路など全く認識せず、表示しないのですよね。

カーナビを買い換えようかという話も出ていたのですが、スマホでグーグルマップを見るのが最新の情報で一番正確だと、今回改めて実感しました。

【高速ルート】

東名高速「東名川崎」インターから乗り→「海老名」JCTで圏央道へ→「八王子」JCTで中央自動車道へ→一気に「諏訪湖SA」目指して→岡谷JCTで長野自動車道へ→「安曇野」インターで下りる

*ちなみに、我が家から「東名川崎」インターはすぐ近く。「安曇野」で高速を下りてから、白馬村の「ホテル白馬 五龍館」までは、1時間半ぐらいの道のり。

13日月曜日

早朝4時過ぎ出発。

こどもたちはパジャマのままで、ドライブ前半は寝ていてもらおうという魂胆。

早過ぎるかとも思ったけれど、近場で渋滞にハマって海老名までいきなり1時間以上かかるとか、そういうのもイヤだよねということで。

早く着けば、着いてから休めばいい。

心の余裕、優先。

諏訪湖サービスエリアでたっぷり休憩

午前6時半。

すいすい、ノーストレスのドライブで、あっという間に諏訪湖SAに到着!

諏訪湖〜〜〜

7時半に諏訪湖SAに着けばいい感じだね、そこで着替えや朝食休憩だね、と話していたのだけれど、1時間も巻いて到着しました。笑。

快晴!日差しが眩しい!

諏訪湖SAでも、早速地元の特産を味わう

大きなサービスエリアに立ち寄るお楽しみ。

おやきはマストですね♡

「仙吉じいちゃんの五平餅かぁ〜♡」

五平餅は、岐阜や長野など、中部地方の山間部に伝わる郷土料理ですね。

野沢菜たっぷりのおやき♡

信州といえば、蕎麦。

100年近い歴史がある諏訪のパン屋さん「太養パン」。自家の井戸から汲み上げた水や自然酵母を使っているそうで、このカヌレもいただきました♡

早く着き過ぎたこともあり、かなりのんびり休んでから諏訪湖SAを後にして、一路、白馬へ!

 

『白馬グリーンスポーツの森』でたっぷり遊ぶ!

まずは『ホテル白馬 五龍館』に直行してプランの説明などを聞いたら、すぐにフリータイム。

なんだかんだゆっくり、寄り道しつつ、午前11時過ぎに五龍館に到着したのですが、その時はまさかの土砂降りでした。

まじで、どうなることかと、びびったー。

キャンプも悪天候で絶望的!?と心配しましたが、徐徐に空は明るくなり、お天気回復!

山に近い土地のお天気は、ころころ変わる。

『ホテル白馬 五龍館』から、キャンプ場のある『白馬グリーンスポーツの森』まで、車で7、8分。

雨上がり、空気はさらに澄んで。

目の前に、登るものがあれば、登る。笑。

こんなタイヤのブランコでさえ、はじめは怖い怖いと尻込みするけれど、やり出したら楽しいんだから。

と言うか、ゆいは何でも「こわぁ〜い」「むりぃ〜」とまず言いがち。なにげに半笑いしていたりするので、できないちゃんプレイですよ、プレイ。笑。

お昼ごはんは、大人としては地元のお蕎麦屋さんにふらりと立ち寄りたいところですが、ちびっこたちはお蕎麦を食べないので。

この日、たまたま『白馬の夏祭り』(第32回らしく、それなりに歴史あり)で、その会場がまさに「白馬グリーンスポーツの森」。

普段は出ていない屋台が出店していて、そこからたこ焼き、イカ焼き、ホットドッグなどつまんで、お昼ごはんにしました。

ホットドッグ、頼んでからやたら時間がかかったのですが。パンが炭火で焼かれていて香ばしく、ソーセージもぷりっぷりで、超玄人的なホットドッグでめちゃウマ!

「おもしろ自転車」で、日常では乗らない自転車をこぎまくり。

様々な形や漕ぎ方の自転車があり、いろいろ試して。

ももも、自転車に熱狂してた〜。笑。

吊り橋やターザンなど「白馬グリーンスポーツの森」内に、アスレチックが点在。

体験イベントなども充実です。

木についたネジを回すと、キュッキュゥ、キュゥーィィ・・・、と鳥の鳴き声のような音が鳴る「バードコール」作り(色塗り)に挑戦♡

広場で、シャボン玉を追いかけて大はしゃぎ!

ノスタルジックな提灯は、この日夏祭りなので飾られていて、通常はないものだそうです。芝生の上に敷いてあるレジャーシートも、夜の花火に備えて、ですね。

ももも、きゃっきゃ言って、シャボン玉と戯れていました♡

シャボン玉は、地元のお姉さんがずっと吹いてくれていて、ゆいにも「吹いてみる?」と声をかけてくれたり。

自然の中で、美味しい空気を胸いっぱいに吸って、外遊びもたっぷり満喫!

なにがどうって、雨が上がって本当に良かった!お天気ばかりは神の采配だけれど、雨ならテント内か控えのお部屋で、缶詰状態でトランプ三昧ってとこだったものね。

 

『白馬グリーンスポーツの森』でキャンプ&BBQ

16時以降BBQの用意ができますとのことで、明るいうちに泊まるテントを確認しに、テントエリアへ。

もともとあるキャンプ場とは別の一角に、『ホテル白馬 五龍館』専用のテントエリアがありました。

整然と並んでおります。

マットは、自分たちで敷きます。

ええ、それぐらいはね。笑。

テント内でごろごろするのも、楽しい!

手ぶらでOK!のBBQ内容について

BBQの食材は、山のような豚肉とソーセージ3本、お野菜どっさり。この他に、焼きおにぎりと焼きそばもあり。

ももは頭数に入っていなくて、写真は3人前です。(寝袋はありましたよ。)

プランの「手ぶらでOK!」を鵜呑みにし過ぎていた我々。飲み物は、特にインフォメーションはなかったけれど、各自で用意するのね。

飲み物のことを、すっかり失念していて。施設内に自販機があるので、そこからお茶やビールを調達しました。近くにコンビニもあるので買い出しに行ってもいいし、分かっていれば、初めからクーラーボックスで用意しても◎。

買い出しも、コンビニは近いと言えど車を出す必要があり。この日はお祭りなので、一度出ると帰って来た時に駐車できなくなる可能性があると言われ、施設内の自販機ビールでよしとしました。

あ、あと、屋台で生ビールも飲んだ♡

いえ〜い♡BBQ〜♡

「いやぁ〜ん、煙がぁ〜」

噛むとほとばしった、ソーセージの肉汁♡お野菜も、じっくりこんがり焼いて、甘くなる♡

「もっち、これ好き!めっちゃおいし!」

いえ〜い♡BBQ〜♡

すみません。本当になんちゃってアウトドア野郎で。笑。

普通、少し水を入れて麺をほぐす焼きそばですが、水なし、もやしから出た水分でほぐして。超絶美味♡

お腹いっぱい食べて、ただジャンケンポンしたり、それだけでもなんだか楽しくて可愛くて、大笑い。

 

おいし過ぎるおまけ!『白馬の夏祭り』

BBQの後、夏祭り会場がある方へ、再びふらりと出向いて。

ヨーヨー釣りをしたり。

光りもののお買い物をしたり。

もも、大興奮!

ずっと舌がペロリと出ていた。絶好調の時は、舌がペコちゃんみたいにペロリと出るのよね〜。笑。

19時。

テントエリアの目の前に、ホテルからお迎えのバスが到着。ホテルの温泉に入りに行きます。アルコールを飲んでいるので、この送迎はありがたいですよね。飲んでいなくても、暗闇のあぜ道の運転は、地元の方にお任せしたい。

露天風呂に浸かり、さっぱりリフレッシュして、またテントへ。

戻ってきた頃に、夏祭りの花火が打ち上がり始めて!

驚愕の至近距離。

何も遮るものがない、丸い花火。

大輪の花々が、どんどこ、どんどこ。

夜空を彩る迫力満点花火のショータイム、小一時間はあったでしょうか。

あんなに近い距離で打ち上げ花火を鑑賞したこと、生まれて初めてでした。

たまたまこの日にここに来ていて、こんなスペシャルなおまけ、「ラッキー」の一言では言い尽くせない!

テントで眠ることも、ちびっこたち、怖がるどころか大張り切り。

横になっていると、大声で何か言いながらズムズム周りを歩き回るももに、顔を踏まれないようにするのが大変で。笑。

寝袋は思ったよりもふかふか、心地よい。

白馬の1日目の夜、満点の星空の下、満ち足りた気持ちで幕を閉じました♡




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です