『マヨルカ』ラボ@たまプラーザ♡とろける食パン♡完熟柿ジャムで至福のデザートトースト♡




たまプラーザで一番高い食パン!?

かもしれない、笑

『マヨルカ』の食パン。ちなみに『マヨルカ』は、スペイン王室御用達グルメストアです。

一時期、たまプラーザ東急のデパ地下に入っていたけれど、すぐに撤退しちゃって。(グルメストアは、二子玉川ライズS.C. にて健在です。)

今たまプラーザにある「マヨルカ」は、色々な食材を取り扱うグルメストアではなく、食パンを取り扱う小さなラボ(工房)。

1斤(きん)=いわゆる6枚切り1袋分、600円(税込)

マヨルカのとろける食パン♡

たまプラーザテラスにある「高級食パン専門店」と謳う『嵜本』は、ナチュラル食パン900円(税込)、ミルクバター食パン950円(税込)だけれど

2斤サイズでそのお値段なので、1斤500円以下。

同じく食パン専門店『乃が美』の「生」食パンも、1斤432円(税込)。

そう考えると、マヨルカの1斤600円、なかなかパンチのきいたお値段!

『マヨルカ』、レポートしたいと思います♡

『マヨルカ』ラボ@たまプラーザ

お店は、たまプラーザ駅から少し離れたところに、静かに佇んでいます。

駅から歩くと10分〜15分ぐらい。

なにげに、インド料理「アクバル」や「ビストロ ラ・ターシュ・ド・ルージュ」「北海道らーめん 文太」など、飲食店が何店舗か連なっている一角。

青い扉が目印☆

お店といっても、ここはパンを焼いているラボ(工房)で、中には入ることはできません。

扉も、左側は開かず、右側だけ引いてオープンすると

すぐ手前に物販用の小さなテーブルがあり、ここを挟んで、パン購入のやり取りをする仕組み。

あ!ポルボロン!

ホロホロに崩れてとろけるような食感がたまらない、あれ。

食べる時に「ポルボロン」と3回唱えると願い事が叶うというスペインの伝統菓子も、ここで買えます♡

マヨルカといえば!という「ポルボロン」と「バスクチーズケーキ」が、食パンと一緒にラインナップされているのも嬉しい♡

まさに厳選アイテムですな。

 

『マヨルカ』とろける食パン♡

さてさて、マヨルカのとろける食パン。

甘く香ばしい小麦の香りと、ほんわりと漂う芳醇なバターの香り。すなわち、しあわせの香りでいっぱい♡

しっかりと焼かれた表面に反して、中身は驚くほどふわっふわんでしっとり〜。

まずはそのまま。

そうっと口へ運んで、はむ。

 

しゅわ〜っと、とろけます♡

 

厚めにスライスして、トースト。

バターじゅわぁ〜。

歯に触れた瞬間の、心地よいほどにサクッと軽い食感!それに続き、ふわっ、とろり〜♡

 

やばいです♡

 

クリームチーズと完熟柿ジャム、オン。

柿ジャムは柿100%、砂糖など加えず、とろとろに完熟した柿そのもの。今の季節だけのお楽しみ♡

最高においしいトーストを、クリームチーズの爽やかさと柿の自然な甘さとともに、さらにおいしくいただきました。

冗談抜きで、よだれ垂れた〜。笑

マヨルカのとろける食パン、600円の価値あり♡

 

ごちそうさまでした♡

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です