TDS 2015 東京ディズニーシー♡ももち0歳(9ヶ月)ディズニーデビュー♡




2015年8月10日月曜日☆

ももち0歳9ヶ月、ゆいたん4歳幼稚園年少さんの夏休み。

大阪実家の帰省から戻ってきて3日後に、ホテルに1泊しての家族イベント。

ディズニーシーへ行ってきました♡

東京ディズニーシー2015夏

ディズニー。こどもたちの可愛さをひたすら堪能する舞台。笑

猛暑がやっと落ち着いて。0歳児のももちを連れて、炎天下の中、1日外で遊ぶことに心配し過ぎることもなく。

晴れと曇りを繰り返す気まぐれなお天気、途中で雨も降ったけれど。空気をクールダウンさせる恵みのシャワーのような小雨で、結果、最高のディズニー日和でした♡

ぎゅうぅぅぅ〜♡

この夏に4歳になったゆいたん、大好きなミッキーに会えて、自ら飛びついて!ハグして、思いっきり触れ合える!

デールにも会えて、手をつないでにっこり記念写真♡

この際、ももちのむちむち太もも出血大サービス♡少々の乱れ具合には目をつぶりましょう。笑。

♡タッチ♡

ゆいたんが後で教えてくれましたが、デールの手は大きくて、ふわふわだったそうです♡

「な、な、なんやこら…

ほっぺをつんつんされたりして、ももちは怪訝な表情でした。多分、全体像が見えていないわよね。笑。

お祭り気分を盛り上げる『ディズニー サマーフェスティバル2015』の装飾で彩られたエントランス。

フルーツてんこ盛り、トロピカルムード満載

エントランスを抜けてすぐのエリア『メディテレーニアンハーバー』は、ハーバーの名の通り「港」で、目の前がぱーっと開けます。異国情緒にあふれ、とてもロマンチック。

ハーバーのすぐ脇にある「ゴンドリエ・スナック」にて。

ひんやりジェラートで、いきなりひと休み♡

鋭気を養い、おねえたまとパパは、大量の水がホースから放出され、びしょ濡れ上等!夏のエンタテインメント プログラム『ミニーのトロピカルスプラッシュ』に

いざ、出陣!!!

暑さの中で、爆睡ももち「むむ… 聞こえるで…」

「ラテンのリ・ズ・ム…♪ ♪」

すやすや眠るももちとchibicoは、ゴンドリエ・スナックでそのまま待機。

でも、ハーバーエリアで開催されている『ミニーのトロピカルスプラッシュ』の水しぶきが足元まで飛んできて、カーニバルの盛り上がりを大いに感じました!

おねえたまとパパは、想定通り、ワンピースの裾から水がぼたぼた滴るほどびしょ濡れになって、飛び切りの笑顔を弾けさせながら戻ってきましたよ♡

とにかくアトラクションに乗りたい「ランド」に対して、より雰囲気を楽しむ「シー」

パーク内に幾つもあるポップコーンワゴンですが、お目当てのホワイトチョコレート味のポップコーンを求めて♡

『アメリカンウォーターフロント』経由で、ディズニーシーをぶらぶら散策しながら。

ちっちゃいももちも、わくわくした独特の雰囲気を味わって。

ももち「あばばばば… ここは、どこ…
    わては… わては… だれや…♡」

『マーメイドラグーン』エリア

アリエルとフランダー、セバスチャンがお出迎え『マーメイドラグーン』に到着。

アトランティカを治める海の王トリトンも、力強い存在感!

幻想的な海の世界が広がります。

発光する藻、浮遊するくらげ、揺れる海面… ファンタジックな雰囲気に浸りつつ、うっとり♡

アリエルのこのラグーンエリアは屋内で、天候に関係なく存分に楽しめて、暑い時や寒い時、雨天時などの避難場所にもなっていますね。

海底レストラン「セバスチャンのカリプソキッチン」にて、お待ちかねのランチタイム。

壁面画もキュート!

帆立クリームコロッケサンド。

歯ごたえもっちもちのパンが貝殻シェープ、かわい過ぎる〜♡こういうのテンション激アガります

デザートメニュー、ストロベリークリームロールケーキも、乙女心をくすぐる♡

大きなシェルに守られて。いちごクリームの上に、そうっと、真珠がひと粒

(暗くて、写真に撮ってもハッキリ分からないのが残念!)

新設されたミュージカルショー『マーメイドラグーンシアター』も観たかったけれど、大人気でスタンバイ140分待ちとのことで無理無理!と、潔くスルー。

次の機会のお楽しみに、取っておきましょう。

身長90cm以上という制限も、ゆいたん難なくクリアできて『フランダーのフライングフィッシュコースター』に、初乗り!

早く乗りたいねぇ!ってワクワクしっぱなし。35分の順番待ちも全く問題なかったゆいたん。

(その間に、パパはキャラメル味ポップコーンをリフィルしに走っていました。時間をいかに有効に使うか、ディズニーでは大事ですよね〜。)

人生初のジェットコースターで、最前列をゲットした4歳児は

「きゃぁあぁ〜

一丁前に黄色い歓声をあげ大興奮していて。笑。
止まると、すぐに

「あっという間だね〜!!
 もう1回乗りたぁい

お嬢さん、スリリングなことがお好きなようです

『アラビアンコースト』へ移動

お次は『アラビアンコースト』へ。

「キャラバンカルーセル」で、ジーニーに乗り、ふぅわり、ふぅわり、回るよ回る♡

ちびっこ、瞳をキラキラさせて

「ずっと乗ってたぁい

「ジャスミンのフライングカーペット」にも乗って。

風とともにフライング、果てしなく気持ち良くて、めちゃくちゃ心地よい!開放感でいっぱいになった気持ちが、妙に心に残っています。

フライングカーペットは、まさに空中散歩。
レバーを操作して上へ上へと上昇したら、はるか向こうのプロメテウス火山もよく見えて。

ここでは、パパとママは、ももちを交互に抱っこして、ももちを預かった方は下で待機。ももちバトンタッチで、順番にカーペットに乗りました。

ゆいたんは、まずパパと、そしてまたママと、2回連続で空を飛んで、大満足♡

「サルタンズ・オアシス」にて、ひと息。

メロン味とココナッツミルク味のシェイブアイス&ソフトクリームに舌鼓♡

「次は、何する!?!?♡」

ご機嫌ちゃんで、まぶしい笑顔を大盤振る舞いのゆいたん。パパとママは、その愛らしさに、胸が締め付けられる。

ももち「ほげげ〜♡ぴやっと、おでこが北極圏〜」

「ぱぱとままとおねえたまが一緒やったら
 わてはどこにおっても、しあわせや♡」

こっちのおちびちゃんは、どうしても4歳児主動で連れ回されることになりますが、文句ひとつ言わず。玉の汗かきかき、なんて健気や

17時過ぎ。
広場には涼風が吹き抜け、数日前までの猛暑が信じられないぐらいさわやかで

「ひゃ〜、すっごい気持ちいいね〜♡」

夫君と、思わず何度も言い合ったほど!

ももち🍑

お外で靴を履いてのつかまり立ち

デビュー!!

初めて靴を履かせてみたところ(初めてのシューズは、窮屈だとか違和感があるとかで嫌がり、ぽいっとしてしまう場合も多いらしいですが)これっぽっちも嫌がることなく!

ももち「じゃじゃ馬がお通りでっせ〜♡」

ちいちゃな宇宙人、捕獲

大きな空が、群青色に染まり出した時刻。

プロメテウス火山から轟く噴火音、続いて舞い上がる炎に心が湧くと同時に、魔法が解ける時間が近づいてきている、切なさが入り混じる。

たった今その一瞬一瞬を生きることの
かけがえのなさを、肌で感じるというか

一緒にその時を過ごしている
そばにいる人の大切さを、実感するというか

旅先や、非日常での夕暮れ時に沸き起こる
センチメンタルで
夢想的な独特の感情が、胸にぐっと、迫る。

 

家族が、大好きって、思う。

 

ディズニーシーをぐるっと一周して「メディテレーニアンハーバー」に戻ってくる。

南ヨーロッパを模した建物群に灯がともり、あたたかな無数の光が水面に映ってやさしく揺れて。優雅な雰囲気が漂う、映画のワンシーンに紛れ込んだよう。

魔法使いに弟子入りしたミッキーがイマジネーションの世界を絢爛に繰り広げるナイトショー『ファンタズミック』を鑑賞。

これも、ハーバーの水面を大いに活用したショーで、様々な光が水面に反射して、煌めく美しさハンパなかった!

息を飲み、真剣に、食い入るように見つめていたゆいたん。

「ミッキーの魔法が、悪い魔法使いの魔法に
 勝ったんだよね!?!?」

一生懸命
内容を飲み込んでおりました。

めいっぱい力の限り遊び尽くしたゆいたんは、ショーの後ベビーカーに座ると、まるでスイッチをパチン!とオフにしたみたいに、1秒で即、撃沈

ももちもすでに、エルゴの中で、次なる夢の国へ

ディズニーシーまとめ

老若男女
誰もが笑顔にならずにはいられない、夢の国。

「ディズニーランド」とはひと味もふた味も違う魅力であふれている。

アトラクションにいっぱい乗らなくても、雰囲気を味わいそぞろ歩いて食べたり飲んだり。それで十二分に満たされた「ディズニーシー」。

家族4人で

大 満 喫

ゆいたん4歳、ももち0歳の夏
ハピエスト メモリーを
家族の引き出しに、大切にしまって。

ホテルに戻ったら
覚めないでほしい夢の続きを
chibicoも見るといたしましょう…♡




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です