ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポール〜子連れにおすすめ「ritz kids」(キッズ サービス)




子連れ海外旅行成功ポイントのひとつは

間違いのないホテルを選ぶことです。

衛生面はもちろん、ホテル側のこどもたちへの配慮が、どこまで行き届いているか。

行き先や、何を求めるかによっても変わると思いますが、子連れ旅行は、こどもが笑顔満開で楽しんでこそ大人も楽しめて、価値があります。そして、安全第一の子連れ海外旅行の成功の重要なキーポイントは「どこに宿泊するか」だと思います。

シンガポールはよく知っている国ですし、こどもたちももう6歳と3歳なので、そこまで神経質には考えていませんでしたが。笑。

お天気にも左右される子連れの外出、例えば、土砂降りの悪天候の場合や(今シンガポールが雨季なので、ちょっと気がかりでした。)どちらかが体調を崩して、ホテルにステイすることになった場合など、いろいろ想定されるので、そういう万が一の時のために。

今回宿泊した『ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポール』は、あらゆる意味で最高でした!

それでは、キッズにおすすめの点を、ご紹介しますね!

 

『ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポール』子連れにおすすめの理由

「お子様サービス」

なんとこのサービスがあることを、ホテルに着いてから、部屋の TVモニター情報で知りました。

至れり尽くせりの乳幼児ケア、揃っています!

  • 哺乳瓶と哺乳瓶保温ケース
  • チャイルドシート
  • ベビーベッド
  • 除湿機
  • 使い捨ておむつ
  • コンセント保護カバー
  • 子供用椅子
  • 幼児用バスタブ
  • ベビーサークル
  • 滅菌器
  • ベビーカー
  • おもちゃと塗り絵
  • 歩行器

グアムなどは、子連れ旅行前提、ファミリー向けのプランがたくさんあって、パンフレットなどでも様々な情報が前もって確認できますが、シンガポールは子連れ旅行を前面に押し出した国ではないので、事前の情報が少なめでした。

ホテルのHPにも、ここまでの情報は記載しておらず。

だけど、こんなに子連れにやさしい国で、スーパーフレンドリーで、こどもにも刺激がいっぱいで、時差はたったの1時間だけ。

連れて行かない手はないです!(シンガポールの一流ホテルなら、これぐらいのアメニティはどこでも揃えているだろうと思われる。)

子供用椅子はあるといいかしらと思って、さっそく内線でリクエストしたら

ハイチェアきたっ。

ちょっと腰掛けて座って、絵を描いたりするための「低いスツール」というニュアンスで伝えたのですが、chibicoの英語力、敗退。笑。

 

「ritz kids」について

こどもたちのために、ホテル側からいろいろなサービスが用意されています。

塗り絵とクレヨン4本セット。

文房具は、ゆいは自分でたくさん持参していましたが、塗り絵はどこでもどんなものでも、嬉々として受け取って。朝食の時、パパとママがまだ食べている間、さっそく取り出していました。

まず、何を書いたのかと思ったら。

「みんなだいすき」って。

しれっと、さらっと、こういうことを書くゆい。可愛すぎます♡

「ritz kids」プログラム

ホテルのサイトで、事前にこのプログラムがあることは認識していました。

ホテル内の6箇所でスタンプを集める、ディスカバリーマップ。(5箇所はロビーにあり、すぐ完結。)現地のスタッフの方々と挨拶をしたりして英語でコミュニケーションを取る、素晴らしい機会でした。

「ritz kids」では(というか、宿泊しているこどもは誰でも)コロニーのアイスクリームコーナーで(夕方5時までだったかしら)ワンスクープのアイスクリームの提供を受けられて、ゆいもももも、毎日アイスクリームに自分でトッピングして、舌鼓を打っておりました。

「ritz kids corner」

どんなものか、確認。

4階のこの廊下の先にあるというのだけれど、両サイドは普通に客室だし、本当にあるのか疑心暗着で進んでいくと

一番端の客室が、キッズコーナーになっていました。

緑あふれる明るい窓辺の子供机。憧れる。

奥の部屋には、ドローイングボードや、わくわくするテントが設置。

中には、クッションやブランケットが敷かれて、絵本などランダムに置かれていて、こどもがずっとこもっていたくなりそうです。

キッチンもありました。

気さくなスタッフの方が出迎えてくれましたよ。

連日ハッピーに出歩いて、特にここで遊ぶことはなかったけれど、こういう場所もちゃんと用意されているのですね。

備えあればなんとやら、です♡

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です