Happy 4th birthday my dearest daughter MOMO♡もも4歳のお誕生日




2018年10月14日日曜日

お誕生日は15日ですが、前日の日曜日に家族揃って、もも4歳お誕生日のお祝いをしました♡

もも念願の、まぁるい白い、大きいケーキ

あるかな!?

4歳のお誕生日を迎える娘♡

左の方に、もも、埋もれています。

起きてきて、リビングいっぱいの風船を見て、うわぁぁぁぁぁ〜♡と、体の中から湧き上がるような喜びの小さな声をあげたもも。

(寝起きだから、大きな声は出ない。笑)

「すっご。いぃぃっぱいじゃん♡」「ぷーせん♡ぷーせん♡」ひとりごとをつぶやきながら、ぽむぽむ風船を蹴っては、とててて、とててて、と嬉しそうに小走りして、しばらく部屋の中をくるくる動き回っていました。

4歳のお誕生日

本当に、おめでとう♡

♡♡♡ ♡♡♡♡ ♡♡♡ ♡♡♡♡ ♡♡♡

姉妹仲良く、ハレの日のお揃いワンピ

ゆい、ちょこんと椅子に座ったももをしばらくじーっと見てから「もっち、かぁわいい〜♡」思わず近づいて頰をすり寄せて。

ふとした行動を取るゆい、されるがままに頬ずりされるもも。そんなふたりをファインダー越しに見つめていて、chibicoは、胸がいっぱいになる。

3つ年が離れていると、しっかり「姉」と「妹」の分担がされていて(ゆいはももを時には邪険に扱うこともあるけれど。笑)小さくて可愛い、大切な存在だと思っているのだなぁということが伝わってきます。

母が孫のために作ってくれる、姉妹お揃いのお洋服。このワンピースも、ももが4歳になるハレの日のために、お誕生日プレゼントのひとつとして縫ってくれました。

このばあばの愛情を、娘たちは、どこまで感じているのだろう。まだ、分からないのだろうな。大人になった時、どうか噛み締めて欲しい。愛されて、愛されて、とても大事に想われていたことを。

姉妹ならではの、愛おしさ。

ふたりとも、とってもよく似合ってる♡

美しが丘公園経由で、ベルグの4月へ

家から外に出ると、冷んやりとした空気に少しびっくり。

最近は日暮れもどんどん早くなってきたし、一気に秋本番!

道行く人も、もう薄手のダウンジャケットを着ている人もいるかと思えば、まだTシャツの人もいたり、この時期の服装は、行き先や帰宅予定時刻、体感によっても様々ですね。

お散歩がてら、近所の公園を抜けて。

道草上等♡

「ベルグの4月」のショーウィンドウ。

ハロウィーンの装飾で秋のあたたかみにあふれていて、ちびっこふたりは興味津津、覗き込んでおりました。

ベルグの4月のバースデーケーキ

もも念願の、まぁるい白い、大きいケーキ!

今の時期はマロンのショートケーキもあるけれど、こども好みはフルーツたっぷり、フルーツのショートケーキですね。

わーい、わーい、ケーキだケーキだ!と大はしゃぎ。お歌だお歌だ!ママ、弾いて!とゆいに急かされてピアノの伴奏でハッピーバースデートゥユー♪を声高らかに歌ったら

あれ!?キャンドルに火を点けてなかったじゃん!!と、1回目は歌がフライング。笑。

改めて、キャンドルライトを灯して。

ふぅぅぅぅ〜〜〜♡♡♡

4歳ともなると、さすがに「ローソクふぅぅぅ」を姉に横取りされることもなく。もも、至極ご満悦でした。

お嬢さん、食べかけのマスカットを手に持ちながらね。笑。

ふわんふわんの軽いクリームは、口の中であっという間に溶けて消えてしまいます。口どけなめらか、シルキーなスポンジ。スポンジの間に挟まれたフルーツは、洋なし。トッピングのフレッシュフルーツは、みずみずしさ満点。

ああ、軽い。

なんてエアリーなケーキなのだ…♡

瞬 殺。笑。

4歳児の喜ぶプレゼント

主導権を握り、プレゼントを開ける姉。

なぜか、見守る妹。

い、いじらしい…

プレゼント、毎年毎年、悩みますよね。常日頃から甘やかされがちで、お誕生日だからといってすごく特別に感じるものも、なかなか見当たらず。

「ものより思い出」派で、ディズニーに行くことをプレゼントにしているのですが。

ばあばたちからは、お洋服やパジャマ、漫画(ももへ、と言いつつとりあえずゆいのものになるのですけれど。笑。そろそろコンプリートしそうな勢いのドラえもんシリーズ。)軍資金といったものが、事前に届いており♡

本当に、感謝×感謝×感謝です。

1ヶ月ぐらい前、プラザで見たこのおもちゃを、ももが欲しがって。

あまり物を欲しがらないももが(日常的に「おやつ食べたい、おやつ食べたい」とおやつはひたすらしつこく欲しがりますヨ。笑。)めずらしく「もっち、これ欲しいなぁ」と何度も言って、店頭で、撫で撫でして可愛がっていたおもちゃ。

これは、お誕生日プレゼントとして買ってあげよう!と決めていました♡

「あっちゃん」と名付けられた、トイプードルのぬいぐるみ。

かなり、可愛がられております♡

夜は、みんなで包んで餃子パーティー

外食もピンとこず、みんな参加型のイベントごはんにしよう、ということで。

わいわい餃子を包んで、楽しんで。

7歳ゆいは真剣。4歳ももはおちゃらけ担当。

ハッピーバースデーディナーと相成りました♡


次女のももが、4歳になった。

信じられないけれど、本当なのよね。

日々、飛ぶように過ぎていき、腕の中からさらさらと流れてすり抜けるように、成長して、離れていく。

ゆいを見ていると、ママが必要な時って、どんどんなくなる。本当に、自分一人でここまで大きくなったと言わんばかりに!

ももは、いまだに時折、赤ちゃんみたいに感じる時がある。

愛しくて愛しくて、たまらない。

絵本の中に、ままの「ま」を見つけると「ままのまー♡」、ゆいの「ゆ」を見つけると「ゆいちゃんのゆー♡」、ひっちゃんの「ひ」を見つけると「ひっちゃんのひー♡」、ももの「も」はもちろん「もー♡」って。

「ママ、かわいい」と何でもかんでも大盤振る舞いで褒めてくれる。笑。

まだまだひっつき虫で、抱っこ抱っこで、スキンシップを求めてくるもも。おトイレに行く時は「おしっこー!」と叫べば、ママがハイハイと着いていく。うんちをすれば、おしりをウェットティッシュで拭き取ってあげる。

人として当たり前のことが、まだできないももの今を。

一瞬一瞬を。

一度当たり前になってしまったら、「まだできないもも」は、もう二度とかえってこない。

抱きしめよう。

今だけの、時間を。

日常的には面倒くさいと感じてしまうことも、それは、絶対に、おろそかにしてはいけないことだって、今一度、自分自身にリマインド!

無邪気なもも。

愛しい娘。

園バスから降りてくる時の、ママを見つけて駆け寄って抱きついてくる時のももの表情を、脳裏に焼き付ける。

今日も、抱き止めよう。抱きしめよう。

大好きなももを。

ママのこどもでいてくれて、ありがとう。

4歳のお誕生日、本当に本当に、おめでとう♡




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です