Happy 2nd birthday my dearest daughter MOMO♡もも2歳のお誕生日




2016年10月16日日曜日

お誕生日当日の15日は、ディズニーランドでたっぷり遊んで、お祝いして
翌16日には、おうちでのんびりお祝い。

ももち色の週末です♡

ももち2歳のお誕生日のお祝い

ももち「ぱや〜♡
    わて的には、何も変わらん♡」

いやいやももち、何をおっしゃる
2歳になって
おっぱい卒業カウントダウンだよ〜

チョコレートデビューの日も
そう遠くないかも!?だよ〜

ももち「ほげ〜…
    人生まだまだ、これからでっか…

ハレの日のじゅうじゅう大会♡

前日は出かけていたので、大層な準備はできず。でも、ももちをお祝いする気持ちは、めいっぱい。

ももち本人のリクエストはまだなく、パパとママの欲求優先です。笑。

ゆいたんも楽しめるもので、となると

はい
我が家のハレの日はこれ

♡じゅうじゅう大会〜!!♡

花より団子。

バラ肉で、薔薇の花束。

ぷりぷりの牡蠣に、ボイルド帆立。

箸休めに秋の味覚、ほっこりむっちり里芋煮。

ちびっこは、マカロニばかり狙って取る
マカロニサラダ。

きゅうり、キャベツ、4種のビーンズ入り、フライドオニオンでコクプラス。

初めて自分で茹でてみた、塩茹で落花生。

パリッと殻を剥き、柔らか過ぎず硬過ぎず、ちょうど良い歯ごたえに仕上がった香り豊かなピーナッツ
「これ、癖になるな♡」夫君も、つまむ手が止まらず。

殻から出したピーナッツを、ホットプレートの隅で軽く焼くとホクホク感&香ばしさアップ!

梅酒のロックが、すすむすすむ。

お祝いの席の開放感
明るいうちからいただくアルコール

ああ、たまらん〜

豚バラ肉のこんがり焼き塩味に
目がない5歳児

「お肉もっと10個食べるよ

豚バラ肉から出たラードで
素揚げ状態のキノコ類。

極上の旨味と風味♡

こりこりシャキシャキ黒豆もやし
キャベツ、塩茹でピーナッツ
焼肉のタレ少々絡めて、豚肉で巻いて

悶絶必須♡

牡蠣のバター醤油炒め。

焦げた醤油バターの香ばしさに、凝縮された牡蠣エキス。脳みそがとろける濃厚さで

失神寸前♡

帆立のバター醤油も、もれなく珠玉。

弾力があるのにふわふわな食感の貝柱
もうヤバ過ぎた〜〜〜♡♡

「お肉好きな人〜!?」

「はいーっ」って、勢いよく挙手!笑。

あらゆる食材から出た旨味成分が
お野菜にも馴染んで、本当に美味しくて♡

前日に大はしゃぎしていたももち。

そして
この日は鼻水だらだら
お咳も出始めていて。(あ、あれれ。汗。)

主役はなんと
じゅうじゅう大会の間
終始、深い深い眠りの森

疲れて寝ているのなら寝たいだけ寝かせてあげよう、ということで。パパもママも、2歳児のお世話にてんやわんやすることなく、食事を存分に堪能できた次第。

なんだか、ごめんね
そして、ありがとうももち

(思い返せば、ももちったら、1歳のお誕生日の時もお食事タイムは爆睡していたわ…)

ベルグの4月のバースデーケーキ

たまプラ住人にはお馴染み
ベルグの4月』さんの
ラ・フランスのショートケーキ。

ちびっこたちが大好きなぶどう。

食道楽なパパとママ、なんだかんだと2時間かけてのじゅうじゅう大会の後。

主役のももちがようやく起きてきたところで、誰がって、ゆいたんがお待ちかね!笑。ももちのハッピーバースデー

♡お祝いタイム♡始まります♡

寝起きでかな〜り、おぼろげな表情ながらも

ぶぅぅぅ〜〜〜

キャンドルを吹き消すことに挑戦。

炎の上に身を乗り出して
「あぁっっち!!!(熱い)」と
眉をひそめていたヨ♡

ベルグのショートは、スポンジも、低脂肪乳で軽〜い生クリームも、もう、ほわんほわんのふわんふわん、ヘブンリーな柔らかさで
もう「飲める」と言っても過言ではなく

中心にこんもり盛られたラ・フランスは重力に耐え切れず、しあわせ過ぎる雪崩れ状態♡

ラ・フランスのジューシーで爽やかな香り
甘美なささやきに、カロリー摂取無制限

自分を甘やかすことを、許す♡

「ほげぇ… こぼさんようにやな…♡」

「ぱややぁ〜
 わて、楽観主義やさかいな〜♡」

ほにゃほにゃの、THE 寝起き顔。

こんな見た目ゆるキャラ全開ももちがまた、愛くるしくて仕方がなくて、キスの嵐を浴びせたくなるパパとママだったりします♡

想定外に、気性は激しくやんちゃな次女ももちですが。いい意味で過度な期待がなく、どう転んでもももちはももちで、無条件に最大限の可愛さで、この子らしいと思える。

次女って、楽かもね。笑。

これからも
自由に
すくすく真っ直ぐ
自分を信じて成長していってね。

あなたを見守ることができるという、この上ないしあわせ。

ももち。2歳おめでとう。

あなたという存在に

ありがとう




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です