ひな祭り2017♡心華やぐ桃の節句♡娘たちの健やかな成長を願って♡ひな祭りメニュー♡




ゆい5歳、もも2歳のひな祭り♡

早春の喜びを感じた、2月末の週末

心地よく晴れ渡り、そよぐ風が心地よい。

この時期、女の子がいる家庭ならでは、ピンク色にあふれたリビングの一角。

お内裏様とお雛様。

桃の節句にちなんだあれこれが飾られて、期間限定のその光景に、心をときめかせているchibicoです。

2/26(日)

3月3日は平日で、夫君は当然ながらお仕事。

当日を過ぎてしまうとなんとなく味気ないかしらと思って。

少し早いけれど、夫君がいて、家族揃ってゆっくりできた週末に、桃の節句のお祝いをしました♡

P1015581.jpg

春らんまん。桃の花が、華やかさを添えて。

お祝い=ご馳走♡

P1015684_20170228112945d63.jpg

もも「あんさん、上品なおダシ出しまんなぁ〜♡」はまぐりと対話中。

2877709.jpg

昼からのんびりグラスを傾け、愉快活発♡

P1015761.jpg

落ち着いて食事を楽しみたいから、自分のイスに座っていて欲しいのだけれど。

いつの間にか、しれっと移動して膝の上に乗ってくるももち。笑。

2878159.jpg

あ、いいなぁ〜、そっちラブラブしてる〜!

P1015816.jpg

こっち、イキのいい怪獣ですヨ〜。

2877703.jpg

ももち「理屈やないねん。お姉たま、絶対的な存在やねん♡」

常に、お姉たまの真似をする。

やんちゃして、ママに注意されると「ゆいちゃんが…」と、お姉たまのせいにしたりもするけれど。

ゆいのことが大好きな、もも♡

工作や塗り絵などを邪魔されて「も〜!や〜め〜て!お願いだからあっち行って!」と、邪険に扱う時もあるけれど (ももちに制作物やおもちゃを破壊され、泣かされることも多い。)

「も〜、おもも!こうするんだよ!」なんだかんだと世話を焼き「あ!!ももちスゴイじゃん、できたねぇ♡」褒めて伸ばして、ママの代わりに、相手をしてあげたり。

もものことが大好きな、ゆい♡

たまには小競り合いもする。

でも、いい刺激を与え合い、お互いのことを思い合っていると、手に取るように分かります。

♡ゆい&もも♡

妹がいて、姉がいて、ふたりにとって

それぞれの存在は、どれほど心強いだろう。

その仲睦まじい姿に、心があたたかくなる。

ふたりで、何を話しているのかしら。

自分が生んだとは信じがたいほど、こんなにも美しい、大切な、かけがえのない宝物。

2877712.jpg

天真爛漫な天使たち。

限りなく、愛している。

ただただ、健やかに、のびのびと、成長して欲しい。

人生を、謳歌して欲しいと願う。

これから、こどもたちの成長の過程の様々な局面で「こどもを育てる」という、その尊い行ないの中で、きっと、苦しく切ないほどの喜怒哀楽を味わうのだろう。

娘たちのしあわせのためなら、何だってできる。私の出来る限りのすべてのことを、してあげたい。

そんな、親の気持ち。

湧き上がる、強さと勇気は

ゆいとももが与えてくれた。

ゆいとももがいるから、ママは笑顔になる。

ふたりのしあわせを、心の底から願いながら、私が、生かされている。

本当に、ありがとう。

 

*ひな祭りメニュー*

ちらし寿司・はまぐりの潮汁 三つ葉入り・煮込みハンバーグ・菜の花のわさびマヨ和え・鶏ムネ肉の酒蒸し、蒸し豆、アボカド入りクリーミィーサラダ・かぼちゃとツナのサラダ 春の小山仕立て・いちご・八穀あまざけ・白桃ジュース・赤ワイン・ひなあられ・ひな祭りスペシャルケーキ。

絶対欠かせない「ちらし寿司」

にんじんや蓮根、椎茸など甘辛く炊いた具と、じゃこを酢飯に混ぜて。

刻み海苔、錦糸卵を敷き、大好きな具材(うなぎといくらは絶対に欠かせない!)を贅沢に盛り、自家製紅生姜やいんげんで、華やかに彩って。夫君が、旨い旨いと、もりもり食べてくれました♡

九十九里浜からやってきたはまぐりさん♡

P1015627.jpg

貝殻を一枚ずつにしても、ぴったり重なり合うのは初めから対だった貝殻とだけ。

一生ひとりの人と、しあわせに添い遂げるようにと願いを込めた、ひな祭りの縁起物♡

P1015565_20170228112318633.jpg

春を感じる、鮮やかな緑の菜の花。

さわやかな香りのわさびが、ツンと鼻へ抜ける、気の利いた箸休め。

P1015624.jpg

こどもたちが喜ぶように肉っ気もないと!ということで、煮込みハンバーグ。

P1015620.jpg

こっくりしたかぼちゃのマッシュ、ツナ、さらしタマネギ、マヨネーズ、塩コショウ、牛乳少々、昔から大好きな、かぼちゃサラダ。

もこもこのブロッコリーと一緒に、春の小山風にこんもり盛りつけ。

鶏ムネ肉の酒蒸し、蒸し豆、アボカド入りクリーミィーサラダ。

chibico的に鉄板の美味しさで、これをつまみに延々と赤ワインがいけそうです。笑。

桜の花のおかきや金平糖など、見た目にも可愛らしい、お雛菓子。

横からつまみ食いする、白く、やわらかく、いたずらなお手手も愛おしい♡

ゆいたん、自分のテーブルセッティングに、いそいそとおかきを追加。

甘酒用のグラスには、いちごを入れていた。笑。

P1015677.jpg

明るいうちからグラスを傾ける、至福の午後。

八穀あまざけ

P1015668.jpg

この八穀あまざけを見かけたら、迷わず、これを選びます。

まだ肌寒い夜、夜更かししている時に、ホットにしておろし生姜を少し混ぜて、ふぅふぅしていただくとこれまた美味。

『ベルグの4月』さんのひな祭りケーキ

今年は、洋風なお顔立ちの雛人形ですね。

デコレーションの反対側

いちごちゃんたちがお行儀よく、整列♡

「お雛様は、ゆいちゃんの♡」

「あ、それもゆいちゃん欲しいっ♡」

「金のペラペラも、ここに置いてっ♡」

これはね、ペラペラじゃなくて、屏風、っていうのよ〜。上の飾りを、全部自分のものにしようとするお姉たま。

5号のホール、5〜6人用というけれど、大人ふたりとおチビふたりで、瞬殺でしたヨ。笑。

「ベルグの4月」さんのショートケーキ。

生クリームが低脂肪で、とっても軽い口当たり、というのは周知ですが。

スポンジも更にライトになったのか、ふわんふわんが、輪をかけてふわわん、ふわわん。

抵抗力のまるでない、エアリーなケーキで、ひとりでホール丸っと飲めそうなほどでした!

(アルコールの後にいただくデザートとしては、乳脂肪分高めの濃厚な味わいが欲しいところ。でも、こどもたちの味覚には、この軽くて素直なショートケーキがいいようです♡)

女の子の母親として、華やかな気分に浸れる、大好きな行事『ひな祭り』

今年も、美味しかったわぁ♡

娘たち、可愛かったわぁ♡♡♡


幼稚園の給食では、2日にちらし寿司がでるみたい。

3日当日の夜ごはんにも、ちらし寿司

また作っちゃおうかしらん♡

 

3/3(金)桃の節句当日

2879530.jpg

ももち「なんや、あの、キラッと光る…

だ、だ、ダイヤか…?お宝発見かっ!?」

ん〜、おねえたまの落っことしたビーズかな?

残念賞〜

ハイももち、こっち見て!

お雛様と記念写真撮るよ!!

2879525.jpg

ももち「どやっ

土俵入りポーズ、お見事ですが。

今はそれじゃなくてね、ちょっとこっち見て〜!

2879903.jpg

ももち「つくしんぼうがな♡

ぐぅぅぅーーーんってな♡」

1秒たりともじっとしていられない、2歳児。

ゆいたんが幼稚園から帰宅して、ひなあられや桜餅、雛菓子つまんで

女子3人で、のんびりお茶会♡

2879532.jpg

ももち「お姉たまに取られる前に、ほい、キープキープ♡」

「道明寺はん、さすがでんな♡」

しょっぱいと甘いの絶妙コンビネーション。

桜の葉の塩漬けの特有な香りに、甚く感心のご様子。

ちなみに、ひな祭りのご馳走は先週末にいただいたので、当日の夜は特に気合も入れず。

簡単に、ちらし寿司のごはん(海鮮など乗せても、ゆいたんとももちは喜ばないので、刻み海苔とたっぷり錦糸卵だけ。)

桃の花を添え、ちょっぴり気分盛り上げて♡

あとは焼肉と、じゃがいもとワカメのお味噌汁。

いつもよりたくさんお菓子を食べていたので、お野菜系の副菜は残されるのは明らか。

もう、初めから出さず。笑。

でも、ももちはびっくりするほどちらし寿司を食べ、ゆいたんは、お肉にもぐもぐむしゃむしゃ、食らいついておりました。笑。


20170302234410a82.jpg

幼稚園の玄関で、ニコニコ笑ってたお内裏様とお雛様にも、ほっこり。

雛人形さんたち。

今年も、心を豊かにしてくれて、ありがとう♡

また来年、お会いできるこの季節を

楽しみにしています




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です