夏休み!おうちごはん備忘録☆ブルーベリーマフィンでハッピーランチ♡実家からの愛の宅急便♡母のクッキー♡桃尽くし♡丑の日のうなぎ♡炒めもの三昧♡




夏休みの1日、こどもたちとブルーベリーマフィンを作って、ハッピーランチ♡

過去の自分のブルーベリーマフィンレシピを久しぶりに見て、そういえば最近作っていないわ、こどもたちと夏休みに一緒に作ろう!と思っていました。

近づく台風の影響で、曇り時々雨の8月7日。夕方のピアノレッスンまでたっぷり時間があった日に、マフィン作り♡

ゆいは、これも夏休みの自由研究のひとつにすると言っていたけれど、どう表現するのやら!?笑。

ブルーベリーマフィン

久々でも失敗知らず、上上の出来上がり♡

小麦粉、全粒粉、ベーキングパウダーと塩ひとつまみ。ふるって、ふるって。

ゆい、夢中で必死で、アゴ出てますヨ。笑。

マフィン作り こどもたち

バターを練ったり、卵を溶いたり。結構いろいろなことができる、小学1年生。

年少さんのももは「見せて、見せて!」「おぉ、ゆいちゃん、すごっ!」と目を丸くしたり

「もっちぃも!もっちもやぁる〜!」「でぇきるから!」覗き込んで、加勢したくて、たまらないご様子。

常に前のめり&爪先立ちのもも。

かわい過ぎる♡♡♡

ももの出番も、たくさんありました。

生地を練る最終段階では、ぐるぐる回したら、ボウルの方がぐるんぐるんハイスピードで回転して

「だれかぁ〜!押さえててぇ〜!」って。

(「しろくまちゃんのホットケーキ」にもこういうシーンがあり、それをふまえて、ももは言っている♡)

ピンク色のカップを自分用にキープして、他のマフィンの倍量のブルーベリーを底に詰め込んでいたゆい。

ゆいが銀色のアルミカップもひとつ使いたいと言うので、生地を10等分にして。

焼きたて ブルーベリーマフィン

香ばしく、美味しそうに焼きあがりました。

サクッと割れた、てっぺん。

いかにもホームメイドの素朴なマフィンといった感じで、グッときます♡笑。

マフィン作りは午前中のアクティビティーだったので、焼きたてをランチとしていただくことに。

マフィン作りの次は、お皿をキャンバスにして、デコレーションを自由に楽しもう♡

用意したデコレーションアイテム

  • チョコレートソース
  • カラーチョコペン4色
  • ホイップクリーム
  • アラザン
  • チョコスプレー(チョコ色/カラフル)
  • キウイ
  • ミニトマト
  • クリームチーズ

 

ほぼ、おやつやん!

chibicoとしては、飲み物は牛乳だし、クリームチーズを一片ずつ、ミニトマトも出したということで、これはおやつではなく「お昼ごはん」だと言い切りたい。笑。(ウインナーも焼く?と聞いたら、いらないと言われましたし。)

「私これ!」「もっち、これ!」

目指したカップに、各々手を伸ばして♡

3歳児。なんでも自分でやりたい、お年頃。

もものキャンバス。流れる天の川のよう♡

ゆいのキャンバス。

マフィンを目に見立てたようで、にっこりフェイスが現れました。

「好きなようにしたらいいよ」とは言ったものの、はじめにチョコレートソースをお皿の一角に鬼のように出していて、どうするのかと内心ひやひや、まじか〜!?と思ったけれど。笑。

ふたりとも、牛乳をごきゅごきゅ飲み干して、おかわり!

然もありなん。

喉が乾くであろう、大量のチョコソース。

というか、牛乳、合うよね♡

マフィンは、全粒粉の香ばしさとブルーベリーのジューシーさが口中に広がって♡

食べきれなかった分は、この時期はタッパーに入れて冷蔵庫へ。翌朝、レンジで軽くあたため直していただいたら、これまたその美味しさに、我ながらびっくり!

材料は揃っているし、また作ろう♡

 

実家から届く愛の宅急便

夏休みに入って早々、クール冷凍便が届いたような。

ゆいともものおやつもね、夏休みだからいっぱいいるでしょう、と今回は普通のクロネコ便が届きました。

おやつと常温保存品が二層になって、ぎっしり詰まっている中で

ちびっこたちが見つけて最も大喜びしていたのが、ばあばお手製のクッキー♡

前回クッキーを送ってくれた時はプレーンの生地のものだけだったので、ゆいが「ココア味のクッキーも好きだよ!ココア味のも欲しいよ!」とリクエストしていました。

サクッとした歯ざわりのクッキー生地に、甘酸っぱさが凝縮されたドライフルーツが混ぜ込まれていて、極上♡

ティータイムに、美味しくいただきました。

 

桃、桃、桃尽くし♡♡♡

「うちは、いつも桃のあまい匂いがするよねぇ♡」と、さらりと発言していたゆい。

本当に、なんちゅー果報者でしょう!

桃

クロネコと同時に届いた、桃。

夏休みに入ってすぐにお義母さんから送っていただいて、それを食べ終えたタイミングで、桃さんたちが実家からもまた送られてきて♡

えもいわれぬ、幸福感に包まれる。

桃を食べるこどもたち

この夏は、chibicoもちびっこたちも、心ゆくまで桃を味わうことができて、本当に贅沢だったわ。

ありがとうございました♡

 

土用の丑の日、夏のスタミナに大好物の「うなぎ」を食す

2018年は7月20日が「一の丑」。

一の丑に食べ損ねていたうなぎを、8月1日の「二の丑」でいただきました。

うなぎ

夏バテや食欲減退とは縁遠いchibicoですが、栄養満点のうなぎで、活力増進!

「蒸し」が主流の東日本風ではなく、「焼き」の西日本風。蒲焼の香ばしさ、満点。

タレがかかった純白の白米の、魅惑的なこと。

すうっと鼻へ抜ける、山椒のどこまでも爽やかな香りに、くらくら。

 

嗚呼、うなぎ様♡

 

山椒がかかっていないひと切れをももにあげて(口に入れても飲み込まずに出すだろうと予測し、別メニューを用意していたのに、うなぎ食べるし!そうなんだ!?)

美味しいねぇ元気でるよねぇ、とももとしみじみ、うなぎ様を堪能しました♡

(何か特別な予定がない限り、ゆいはお弁当持参で大好きなはまっこ=小学校に意気揚揚と遊びに行っているので、ももとふたりでお昼ごはんを食べることが案外と多い夏休み。

小学1年生の相手を終日連日するのは、こちらのクリエイティビティも忍耐力も底をつく。笑。はまっこがあって、はまっこで遊んでくれるお友達がたくさんいて大助かり、はまっこ様様です!)

 

ひとりのブランチは、大好きなアボカド♡

ゆいははまっこへ、ももは一時預かりの保育園へ。たまにはひとりの時間を確保して、勉強したい欲求を満たす1日。

半年コースで通っているセミナーの宿題に入魂する前に、サクッと腹ごしらえの、アボカドオープンサンドです。

無上の組み合わせ、アボカド&ツナ。

クリーミーなアボカドに、コクのあるツナ。味付けは、レモン汁、マヨネーズ、塩こしょう。

ナッツ&ドライフルーツがぎっしりのパンもね、こんがりトーストして、ざくざくの歯ごたえで。

これだけあれば、満ち足りる♡

 

肉類とお野菜をいっぺんに!最近のおかずは、お手軽な炒めものが多い。笑

豚キムチに、おくらも追加。

とろ〜り卵で、まろやかにまとまって。

キムチを投入する前に、ゆいの分だけ別に取っておきます。ももはキムチも大好きで、chibicoと同じ最終的な味付けで、ぱくぱく食べる。

薄切りの玉ねぎたっぷり、にんにく、豚肉、いんげんの炒めもの。味付けは、キムチの素と焼肉のタレをベースに。これも、最後に卵かけにして、マイルドなテイストをプラス。

薄切り玉ねぎ、しめじ、豚肉、コーンの炒めもの。醤油、酒、みりんの和風の味付けに、焼肉のタレも少し、バターをひとかけら最後に落として、こどもの好きな味に。

お味噌汁は、冷やしです。

コーンの甘みが、もものお気に入り。

「粒つぶ、もっと!」と催促されました♡


あれよあれよと過ぎていく、夏休み。

振り返れば、ゆいが幼稚園年少、年中の頃が「長いお休み、持て余す!どうやって過ごそう!?」と最もビビっていたように思う。上の子だったからかしら。ももが乳幼児で、そこに幼稚園児が四六時中一緒にいるのが大変だったのかしら。

この夏は、なんだか余裕。

ごはん作りも、がんばるところと、手を抜くところ、上手にバランスを取って。笑。

 

chibico自身が、子育てに、こどものいる夏休みに、さすがに慣れたのでしょうか。

 

いやいや、

この余裕は、

こどもたちが、大きくなったからだよね♡

ありがとう、ちびっこたち♡




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です