シルクドソレイユ♡シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』東京公演@お台場ビッグトップ♡お台場満喫の1日♡




シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』に大興奮

春休みの特別なことのひとつとして、心待ちにしていたシルクドソレイユ『キュリオス』公演!

公式サイトはこちら>>>『キュリオス』

世界最高峰のサーカス。

過去作品は2回見ているのですが、本当に久しぶりに、シルクドソレイユの摩訶不思議な魅力と興奮を味わうことができました。

3月25日(日)

ゆいとももにとっても、初めてのサーカス!

ゆいは事前にサイトで動画をしっかり予習、登場人物の名前をメモに書き写したりして、ワクワクドキドキ。

(ちなみに、お台場まで車で移動。

サーカスのビッグトップ(=仮設テント)真横に広々とした駐車場も設けられていて、1日駐車券で1,500円。渋滞もあったけれど、電車で行くより絶対楽チン。)

サーカスらしく、ぐるぐる渦巻き模様のテント小屋なところが、また乙♡

(仮設テントとはいえ、風速30メートルに耐え、震度6の耐震性があるそうです。)

前室のテントには、ちょっとしたフード&ドリンク、物販などあり。

この空間を抜けて、それぞれの座席に近いゲートからサーカス本番のテントへ、いざ入場。


途中休憩を含めて、およそ2時間半。

タイトルの「KURIOS(キュリオス)」は、「好奇心」と「骨董品」というふたつの意味を合わせ持つ言葉。

舞台は、世界が未来への希望に満ちていた、19世紀産業革命の頃。

さあ、時計が11:11を刻んだら。

(欧米では、11:11は偶然が重なり合う幸福の刻(とき)。その瞬間、make a wishと、願いごとをするそうです。)

主人公シーカーが見る、1分間の夢。

想像力をかき立てる、人間の可能性の無限を感じずにはいられない、異空間、不思議な世界へと誘われます。

人間の体のしなやかさと強靭さに圧倒され息をのみ、登場人物がみなユーモアにあふれていて、シルクドソレイユのチームワークの素晴らしさにも感動。

小道具や衣装、メイクに至るまで、芸術性に富み、世界観の創造が素晴らしい。

生演奏、生声でのBGMも心に響きます。

お客さんいじりの部分も、かなりウケる!

ゆいも、食い入るように舞台を見つめて、あっ!と声をあげたり、笑ったり拍手したりと大忙し。「あれ、人!?ほんもの!?人間だよね!?」と、アクロバティックな動きをするパフォーマーに唖然としたり。

本当に、世界最高峰の極上エンターテインメントとはこういうものか!と感動します。

ディズニーランドの入園料より高いけれど

価値あり!

(3歳のももは、途中でかなりよそ見をしていたけれど〜。

そして、ラスベガスの常設ステージでもシルクドソレイユを何度か見ている夫君は、結構高いチケットなのだから、仮設とはいえ客席がもうちょっと改善されたらなぁと、贅沢なつぶやき。)

熱狂のフィナーレ、拍手喝采!

(最後は、カメラで撮影OK。)

 

う〜ん、また観たい!!!

 


興奮冷めやらぬ状態でテントから出てくると、現実世界は春爛漫♡

14時過ぎ。遅めのお昼ごはん。

シルクドソレイユの仮設テント前の「ダイバーシティ」内フードコートにて。

鰹だしの効いたつけ麺、美味しかったわ♡

それにしても、お台場という場所柄か!?

英語と中国語の表記が標準で、働いている店員さんも外国人がかなりいらっしゃって、お客さんも観光客の外国人が多く、ちょっと日本ではないショッピングモールみたいでした。

夫君はキムカツ。

ちびっこたちに餃子。

ゆいはうどんが食べたい!とリクエストで、はなまるうどん。

ももとシェアすればいいと思いぶっかけLサイズを頼んだら、想像以上の3玉分ぐらい出てきて、食べきれず。

ご機嫌ちゃんたち♡

ダイバーシティ前のガンダムを見て

「ぅおおぉっきいぃぃ〜〜〜

 ロボットぉぉぉ〜♡」

もものテンションがうなぎのぼりだった。笑。

後ろ姿も、凛々しい。

お腹が満ち足りたら

「観覧車乗る〜〜〜♡」

一目散に駆けてゆく。

パレットタウン」に到着。

約16分間の空中散歩。

東京タワー、高層ビル群の眺望。

夜景だとより一層、煌びやかでしょうね♡

見たい見たい、乗りたい乗りたい、と言った割には、こちょこちょ話をしてうひゃうひゃ笑っていたり。

しっかり外、見んかーい!笑。

ヴィーナスフォート」散策。

18世紀のヨーロッパの町並みを模したショッピングモール。吹抜けの青空色の天井が、時間によって夕暮れのような色彩に変化するなどの演出があるとかで、1999年に開業当時はかなり話題でした。

(うそでしょ、もう19年も前の話…)

もも「大丈夫やっ。わてが受け止めたるっ♡」

何キャラなのだろうか…

ももはなぜか愛情を抱いたようで、まとわり付いておりました。笑。

若干、化石化していたヴィーナスフォート内に、クラシックカーが企画展示されている一角があり。

レトロな車体は、文句無しに相当セクシーでかっこよかったです♡

だんだんと日が暮れてきたお台場。

歩道わきに咲き誇っていた、ツートンカラーの桜も美しく。

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』を堪能して、おまけでお台場も散策して、とても愉快でハッピーな春休みの1日でした♡


この後、夫君はお仕事にて、chibicoはちびっこふたり連れて帰り、簡単に晩ごはんを食べさせてお風呂に入れて、寝かしつけで撃沈。

(春休みに入って、朝からずっとちびっこたちと向き合い遊んでいたら夜は体力の限界に達し、一緒に寝てしまうことが多いです。笑。)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です