バリ島家族旅行〜アヤナ リゾート&スパ バリ〜ホテル全体像・お部屋編〜




バリの魅力がぎゅぎゅっと詰まった楽園

アヤナ リゾート&スパ バリ。

広大な敷地内はどこもかしこも、美しい。

海がすぐそこにあり、至るところでプールや池などの水が太陽を反射してキラキラ光り、絶え間なくせせらぎ、木々は生い茂り、花は咲き乱れて。

自然の息吹を体感できる場所。

天上の理想郷!

一言で「南国リゾート」と言ってしまうのは勿体ないほど。

建築様式、家具、調度品、装飾など全てにおいてバリ/インドネシアが息づいていて、異国情緒にあふれ、スタッフのホスピタリティーは常にゲストを和ませてくれる。

心から寛げた、最高のバカンス@アヤナ リゾート&スパ バリの記録です♡

アヤナ リゾート&スパ バリ

インド洋を臨むアヤナリゾートの敷地は、90ヘクタールと、とにかく広大。

90ヘクタールというのは、東京ドーム約19.3個分。ちなみに、東京ドーム1個は、約1万5000坪です。

数字ではもはや理解できないですね。笑。

そのリゾート内に、78棟のヴィラ、ホテルタイプはアヤナが294室、リンバが403室と、3つの宿泊施設があります。

アヤナ ジンバランウイングのお部屋、アメニティなど

夜に到着して、綺麗に整った部屋で休めることは、何よりの贅沢!

LOOK JTB で予約したツアーで、部屋指定不可。いわゆるリゾートビューのベーシックなお部屋タイプ。)

エキストラベッド。

キングサイズのダブルベッドの上に、あら?何か置いてある?

アヤナベアーズ!

特典でこういうものがあると、特に聞いていなかったけれど、こどもたちへのギフトかしら。

ちゃんと、ふたつ♡♡

テーブルの上に、ウェルカムフルーツ!?

ロンガン(龍眼)だったっけ、この南国フルーツの名前は。

夫君は、え?これ飾りじゃない?って言っていたけれど、翌日はマンダリンオレンジがここに置かれていたので、やっぱり食べていいフルーツだったのよね。笑。

あくる日の、ベッドメイキングの後。

ベッドの端に、何かいる!と思ったら。

タオルで形作られた、ワンちゃん。

心憎い演出です♡

ヘブンリーな寝心地ですわ〜♡

真っ白なシーツ、大きなベッドの中で、ほげげ〜と寝ているもも、たまらなく可愛かった♡

1階で、プライベートバルコニー付き。

ジンバランウイングは、3階建てです。

棟によっては、4階建てもあるみたい。

寝起きのゆい、ふら〜りと芝生へ。

ものすごく澄んだ空気の中

おーい、どこ行くの。笑。

到着して、すぐの時の写真。

こども用パジャマはないと思っていたら、小さいサイズも用意されていて、大喜びのゆい。

さすがに手描きではなくプリント柄だけれど、バティック模様でこのパジャマも可愛かった!

こちらの洗面所、右手にバスタブ、左手にトイレとシャワーブースがあります。

シャワーの水圧も、バッチリ。

アメニティは、ひと通り揃っている感じ。

歯ブラシは全部、ヘッド部分が巨大。こどもたちの歯ブラシ、持参していて正解。

シャンプー&コンディショナーもあったけれど、かなりキシキシする使用感だったので、トリートメント持っていけばよかった!

(エリップス→バリ島で有名な、洗い流さないヘアトリートメント、を現地調達できればと思っていたけれど、結局できなかったのね。)

エリップス ヘアビタミン 正規品 2019年 エリプス 洗い流さないトリートメント 50粒 シート ヘアケア 美容 コスメ アウトバスオイル カラー 詰め替え用にも ヘアオイル シャンプー リンス【ellips ギフト プレゼント】

価格:1,800円
(2019/8/22 17:02時点)
感想(318件)

日本でも売ってるのね。笑。

ボードの扉を開けると、湯沸しポットやカップ、グラスなど。右下に、冷蔵庫。

ペットボトルの水は部屋のあちこちにたくさん置いてくれてあり、インドネシア/バリ島は水道水は飲めないから、念のためうがいなどにもミネラルウォーターを使うのだけれど、常に補充されて十分過ぎるほどでした。

バスタオルもタオルもふんだんにあり、申し分なし♡

部屋の外も最上級です

部屋を出て、ジンバランウイングからメインプールへの近道。

水着を着て、ラッシュガードを着て、ビーサン履いて。浮き輪を背負い、ゴーグル装着!

ゆいのアヤナ定番スタイル、最高にキュートだった♡

撮られていると分かると必ず変顔するか、ニパーッ!と笑ってポーズをとるももも、たまらんわ♡笑。

海のすぐ手前になだらかに広がる芝生の丘、そこに、東屋のような静謐な空間。

バレ クンチャナといって、ここで挙式をしたりするそう!

アヤナリゾート内には、他にもチャペルやウエディングデッキなど、ウェディング用のスポットがいくつか点在しています。

(敷地が広過ぎるので、そこまで見にはいかなかったけれど。笑。)

メインロビーから部屋へ向かう廊下。

赤と白のインドネシアの国旗が掲げられ、独立記念日(8月17日)の祝賀ムードが漂います。

え、そこで!?笑。

まあ、いいですけれど。

どこでも自由にリラックスして、本を読んで。家族の中で、ゆいが一番バカンスの達人だったかも!

(細々したことは親がするのでね。いいですね、こどもは。笑。)

ロビーの中央に設置された、壮観な花のオブジェ。

到着した時は夜だったので分からなかったけれど、ここの奥のスペースでウェルカムドリンクを飲んでいたのですね。

こちらも、サカメラ・プティ(赤と白)。

インドネシアの国旗カラー、赤と白。

赤は勇気と身体的存在を表し、白は純粋さと精神的存在を表しています。

メインロビー近くのトイレ。

前室のような広い踊り場があり、めっちゃ広くて、めっちゃ綺麗!!!

ちなみに、お部屋はウォッシュレットではなかったけれど、ここはウォッシュレットでした。

ドアの脇にアロマポットがあり、ものすごくいい香りが漂っています。

敷物かと思ったら、なんと、花びらが丁寧に敷き詰められていて。

いちいち感動する!

ピカピカの廊下には、天井が映ります。

こういう回廊も、とてもインドネシア的で、個人的にグッとくる。

眩しい太陽、青い空に映える、ブーゲンビリア。

あちこちにある石像が神秘的なムードを醸し出し、ここが神々の住むバリ島であることを教えてくれる。

真っ直ぐに伸びる遊歩道、この先の階段を登れば、メインロビーがあります。

左手が、朝食ビュッフェのレストラン「パディ レストラン」、右手が「ダマールテラス」。

逆に、メインロビー側から見た構図。

壮大なスケールです。

階段を降りていくと、インフィニティのメインプールがあり、その先には無限の海が延々と広がる。

息をのむ美しさ。

ヴィラエリアにある「ダヴァ ステーキ&シーフードレストラン」。

オシャレ過ぎる。

ヴィラエリアの、リバープールへと続く廊下。

リンバのメインロビーから迫り出した、驚愕の建築。

神様、いた?

とにかく広い敷地内、ヴィラ、アヤナ、リンバのどこの施設も、自由に行き来できます。

移動は、数分間隔で運行されているシャトルバス(もちろん無料)にて。

プールは全部で12箇所あるので、ゆいちゃん、いくつ制覇できるのか!?♡

シャトルバスの全体像。

ホテルのマップに載っていたイラストを拝借。アンティーク調のオープンエアのシャトルバスで、こどもたちはこれに乗るのも楽しそうだった♡

スタッフは気さくで、いつも笑顔。

いつか日本に行き、桜を見たいと言っていたSくん。夢が叶いますように。

みなさん、のんびりしているようで、キビキビやることはやって、素晴らしい働きっぷりでした!

朝食ビュッフェを食べに行っていたパディ レストランから、最終日に、スタッフのサインが入ったカードをいただいたり。

本当に、「素晴らしい」が金太郎飴状態!

こんなに書いても、12箇所あるプールに触れるまでに、まだ行き着かないという。

プール、レストラン、ロックバーなどについては、また別途レポートしたいと思います♡

ホテルポイント

  • トリートメントは、持っていくといい物のひとつです!それ以外、言うことなし♡笑。

 

 

>>>アヤナ リゾート&スパ バリをチェック

 

 

◎テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です