バリ島家族旅行〜アヤナ リゾート&スパ バリ〜プール編〜




4泊6日のバリ島家族旅行☆

選んだホテルは、アヤナリゾート&スパ バリ。

こどもたちが大好きなプールでめいっぱい楽しんでリゾートステイを満喫することが、今回の旅行の大きな目的のひとつ!

アヤナリゾートの魅惑的過ぎる12箇所のプールをご紹介します♡

Let’s explore!!

アヤナリゾートでプール三昧♡

アヤナリゾート&スパ バリ、ザ ヴィラズ アット アヤナ、リンバ ジンバラン バリ by アヤナ、

3つの異なるタイプの宿泊施設がある広大な敷地の中に、12箇所のプールが点在しています。

どの宿泊施設に泊まっていても、敷地内を走るシャトルバスに乗って移動して、相互利用できます。

《12箇所のプール》

  1. アヤナメインプール/アヤナリゾート
  2. 下段プール/アヤナリゾート
  3. キッズプール/アヤナリゾート
  4. オーシャンビーチプール/アヤナリゾート
  5. リバープール/ヴィラ アヤナ 
  6. リンバメインプール/リンバ
  7. カバナ プール/リンバ
  8. リンバ下段プール/リンバ
  9. スリーモンキープール/リンバ
  10. ラグーンプール/リンバ
  11. ユニーク ルーフトップバー&プール/リンバ
  12. フォレストプール/リンバ

12箇所のうち、12歳以上限定の大人仕様プールがふたつあり、一部分の宿泊者専用プールもひとつ、含まれています。

実際に利用可能な9箇所のうち、入って遊んだのは、我が家は赤文字の6箇所でした。制覇するには、時間が足りない!

ドタバタするのもイヤですしね、もう、それでも十分過ぎたー♡

1, メインプール/アヤナリゾート

アヤナのメインプール、プールと海が一体化して見える、インフィニティ エッジ プール♡

左から見た感じ。

右から見た感じ。

とにかく広い!開放感ハンパないです。

そして、プールの水が本当に綺麗。

ゼンマイ仕掛けのおもちゃみたいな動きで、追いかけっこしながら、ぱちゃぱちゃ、ぱちゃぱちゃ、延々と遊んでる。笑。

キラキラ度1000%の笑顔で、きゃっきゃ大はしゃぎするこどもたちは、本当に可愛くて。

泊まっていた部屋から歩いてすぐに行けたこのメインプールで、最も多く遊びました。

宇宙と繋がっている大きな空と、遥かなる水平線。360度、どこを見回しても、楽園!

プールサイドデッキでは、11時になるとジェラートワゴンがオープン。

もも、強烈なピンク色のドラゴンフルーツをチョイス。

チャレンジャーだわと思ったけれど、さっぱりした甘さがお気に召したよう。

3回ジェラートを食べる機会があった内、3回ともドラゴンフルーツを選んでた!笑。

プールサイドで食べる本格イタリアンジェラート、最高♡

ひと休みしてジェラート頬張って。またプールに飛び込む、準備万端!

2, 下段プール/アヤナリゾート

メインプールのインフィニティエッジから下を見ると、この緩やかにカーブを描いた半円形のプールがあります。

右手奥に見えるのは、イタリアンレストラン「サミサミ」。

メインプールとは、両サイドにあるこんな階段で行き来できます。

メインプールのインフィニティエッジから、滝のように水が流れ落ちてくる仕組み。

滝の向こう側には、海亀さんたちが守護神のように鎮座。

3, キッズプール/アヤナ リゾート

下段プールからすぐのところにある、キッズプール。咲き乱れるブーゲンビリアが、まさに南国リゾート。

スライダーがあり、バロン(聖獣)の大きく開いた口から飛び出てくるようになっています。

ゆい、スライダーを怖がってしないのね。ゆいがしないと、もももしないから。

ジェットコースターは大好きだから、一度気持ちを奮い立たせて滑ってみれば、こんなに楽しいのか!と分かって、何度でもしたくなるはずなんだけど。

鼻に水が入るのがイヤとかね、そういうのは、あるのかしらね。笑。

二人仲良く、ここでも浮き輪でぱちゃぱちゃ♡

夫君も、ぷかりぷかり。

大好きだね。楽しくて仕方がないね♡

4, オーシャンビーチプール/アヤナ リゾート

12箇所のプールのうち、最も海に近いプールで、こちらもインフィニティ。

ここは、12歳以上限定のプールです。

オフィシャルサイトから引用

水着のまま、プールデッキで足を投げ出しレイバックして、サンセットを眺めながらシャンパンカクテルを飲む。

究極のリゾートが味わえるプールじゃないでしょうか!

5, リバープール/ヴィラ アヤナ

ヴィラ エリアにある唯一のプール。

セレブ感が漂う、落ち着いた空間です。

リバープールでは、お客様が心からリラックスできて、その瞬間を大切にすることができる静穏に重きをおいています。全てのお客様が快適にお過ごし頂けます様、09:00〜17:00の間は携帯電話、カメラ、タブレット、その他の電子機器の使用をご遠慮ください。プールで写真を撮影されたり電子機器をご利用なさりたい場合、07:00〜09:00と17:00〜19:00にお願い致します。リバープールでお過ごし頂くひと時は、携帯電話、テキスト、写真、SNSのない時間であることをお約束致します。

オフィシャルサイトから引用

ということで、リバープールでは、入口の受付で携帯など預けます。

本当に。

ついつい、写真って撮りたくなるのですけれど。そういうことを気にせずに、ただただボーッとして、自然と調和して五感が研ぎ澄まされていく感覚を、感じられた場所です。

プールそのもののタイルの色が反映するからか、他のプールは「ブルー」だけど、このリバープールは「エメラルドグリーン」でした。

オフィシャルサイトから引用

立体感のある構造が、美し過ぎる!

6, リンバメインプール/リンバ

リンバのロビーを抜けて、一番最初に目に飛び込んでくるプール。

ここも、12歳以上限定のプールです。

オフィシャルサイトから引用

五角形に開いた穴。

下には、下段プールがあり、スライダーが見えますね!

7, カバナ プール/リンバ

リンバのメインプールを横切り、階段を数段下りたところにあります。

こちらも、リゾート感満載!

完全プライベート空間のカバナが、プールに面して8室あります。

中に、大きなブランコが吊るされているカバナで、ひと休み。

8室全部屋、それぞれに内装やインテリアが異なります。

みかん、食べてるのね。笑。

8室の内ここしか空いていなくて選択の余地がなかったのだけれど、一番端のカバナですぐ隣にシャワーブースがあり、何気に便利でした。

あ〜、巨大ブランコのゆるやかな揺れが〜♡

心地良すぎて、この時、chibicoは微睡んでいました。笑。

ぱちゃぱちゃ♡ぱちゃぱちゃぱちゃ♡

8, リンバ下段プール/リンバ

リンバのプールの中で、色々な要素が詰まっていて一番規模の大きいプールです。

カバナプールから、陸続きならぬ水続きで、ぐるりと繋がっています。

左手にウォータースライダー、奥に見える白い橋をくぐった先には、プールバーと温水プールもあります。

水の中に佇む、プールバー「TIKI BAR」。

水面下にスツールが見えます。

テーブルなども、水の中。ずっと水中にいて、両生類になった気分。笑。

プールバーのお隣に、温水プール。

HPにはジャグジーと書いてあるけれど、バブルは出ていなかったな。

外の気温は28℃ぐらいでしょうか、夕方4時過ぎ、日陰で風が吹くと、ひんやりと肌寒く感じるほど。

ここに入ると、温かくてほっこりして、冷たい水のプールに戻るのに勇気が必要でした。笑。

ゆい、ここで浮き輪を外し何度も何度も潜水して、鼻もつままずに、バタ足で泳いで。

最終日なのですけれど、ここにきてちょっと泳げるようになった!

家族みんなで、大喜び♡笑。

ほげげ〜。極楽、極楽〜♡

さて、ここまで、全部で12箇所あるプールのうち8箇所を見てきました。

残りの4箇所は行っていないプールで、オフィシャルサイトの写真を拝借して、駆け足で載せておきますね!

9, スリーモンキープール/リンバ

オフィシャルサイトから引用

10, ラグーンプール/リンバ

オフィシャルサイトから引用

ここは、プールアクセスルームもしくはプールアクセススイートに宿泊しているゲスト専用だそうです。

11, ユニーク ルーフトップバー&プール/リンバ

オフィシャルサイトから引用

こちらもインフィニティで、森と海の眺望が素晴らしいとのこと。

食べて飲んでリラックスしながら、プールで戯れる。メキシカンフードをつまみ、バリのベストDJのサウンドに耳を傾けて。

12, フォレストプール/リンバ

オフィシャルサイトから引用

 

本当に、デザインもコンセプトも、夢のようなプールたち!

それぞれのプールの入り口(受付)で部屋番号を聞かれるので、伝えて。

スタッフがバスタオルを持って、空いているデッキチェアに案内してくれます。

各プールで人数分のバスタオルの貸し出しがあるので、持っていく必要はなく、リクエストすればいくらでも取り替えてくれます。

プールで冷えた体を、ふかふかのタオルでくるんでデッキチェアに寝転ぶ。南国の太陽の恵みでじわじわと温もりを感じる、あの幸福感!

プールサイドはもちろん、アヤナリゾート施設内どこでも、部屋番号を伝えればキャッシュレスで飲食、お買い物ができて便利です。(チェックアウトの際に、まとめてお支払い。)

身ひとつで気軽にプールをハシゴして、お気に入りの場所を見つけるのも楽しいですね♡

 

あ〜、ヤバイわ。もう、また行きたい。笑。

 

 

 

◎テレビCMでも話題!ホテル料金比較のトリバゴ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です