BAR & MIXOLOGY COCKTAIL Amber アンバー@西麻布♡結婚記念日に思ったこと♡




6月最終日、結婚記念日に夫君とデート♡

ゆいとももは、ばあばんちにお泊まり。

(お義父さん、お義母さん、快くちびっこたちを引き受けてくださって本当にありがとうございます!)

夫君とふたりで過ごした、とってもハッピーで、スペシャルな週末。

こどもが生まれて以来、結婚記念日は、夫君が花束を贈ってくれるというのが恒例でしたが。今年はちょうど週末ということもあり、なんだかここ数ヶ月バタバタと多忙過ぎて、ふたりの時間も全然持てず、すれ違いが多くて。

ちゃんと話そうよ、向き合おうよって、1ヶ月以上前から、この日はこどもを預けてデートしよう!と決めていました。

「こどもを預けて(遊びに)出かける」ということが可能なほどに、こどもたちも十分に大きくなっているし、自分も肉体的・物理的にはもちろん、精神的にも子離れしているのだわぁと感じたりして。

(授乳中の頃には、こどもを預けて出かけるなんて、罪悪感に襲われてとてもできなかったし、預けてまで遊びに出かけても自分自身が楽しめないと思っていたかな。ママだって、もっと自由であっていいと理屈では分かるものの、やっぱりできなかったですよね。)

成長したこどもたちは、預けられて放って行かれるという感覚など皆無で、じいじとばあばと遊べて楽しい〜!!といったところ。

事前に、パパとママはデートするんだよと伝えると、ゆいは「いいないいな〜!!」「え、どこ行くの!?何するの!?」と羨ましがって、興味津津だったりしてた。笑。

chibicoと夫君にとっては年に一度の、特別な機会♡

 

六本木ヒルズにて

早々と梅雨も明けて、快晴!

家族4人で出かける時は、いつも間際までどたばた、玄関先でもあー、あれがない、そうだ、あれも持って行く!とごたごたして団子状態。

おとな二人だと、なんてスムーズなの!

そうして、夫君とchibico、六本木ヒルズにお出かけ。

映画が始まる時間まで、ウインドーショッピング。

センスあふれるセレクトショップなどは、本当に目の保養♡夫君と手をつないで「うわ!9万円の香水だって!」「見てこの木靴!厚底すごいね。(手に取ってみて)重っ!!!」ああだこうだと言い合いながら、自分たちのペースで見て回って、楽しくて。

ニコライ・バーグマンの花々も圧巻。

ホワイトローズの圧倒的な美しさ。高潔。

同じバラでも、色彩と活ける器が変われば、放つ印象がこんなにも違って。

花というよりアートな作品の数々に、惚れ惚れ。


ウインドーショッピングの後、TOHOシネマズ六本木ヒルズで、ずっと観たかった『万引き家族』を鑑賞。

皆さまご存知の通り、パルム・ドールを受賞した是枝裕和監督作品。

とんでもなく悲惨な人々(家族)の話でした。衝撃的な内容で、この映画の、最も伝えたいメッセージは何なのか、正直分からなかったのですが。

単純に、私は私の両親の元に生まれて、そして、私は夫君とともに、私の家族を形成して、こどもたちから、迷いなく真っ直ぐな眼差しで「ママ」と呼ばれてしあわせだ、と思えばいいのか。

とにかく、とてつもなく意味深い映画。

演者の演技力が全員ハンパなく、息をのみます。リリー・フランキーのダメ人間ぶりがもう哀しくなるほどで、でもこういう人きっといると思わされるリアリティーがあって。

明るいハッピーな映画ではないけれど、う〜ん… と思わず唸る見応えのある映画を求めている人には、おすすめ!

(ヒルズで、セレブでヒップなセレクトショップを見て回った後の「万引き家族」、ギャップあり過ぎた…)


映画の後は、西麻布の交差点からほど近い『うしごろ』で焼肉ディナー。

くらくらするほど超絶美味だった焼肉については、別途レポートしようと思います♡

 

BAR & MIXOLOGY COCKTAIL Amber@西麻布

『うしごろ』でお肉を堪能、気持ちよくほろ酔いのふたりは、さらに近くのバーに立ち寄って。

『BAR & MIXOLOGY COCKTAIL Amber』

アンバー。

今回、どこに行って何を食べてどうするか、というのは夫君にお任せ。

結婚記念日ということで、格式張ったフレンチにするかどうか迷ったらしいのですが。

自分もよく知らない初めてのお店に行くより、そんなに気取らず、自分の馴染みのあるエリアで自分の知っているお店「chibicoちゃんを連れて行ってあげたい、と常々思っていた」お店をチョイスしてくれたそうです。

そっちの方が、百倍嬉しい♡

様々なアルコール、リキュール、スパイス、曇り一つなく磨かれたグラスが整然と並ぶ。

左手には、フレッシュフルーツもスタンバイ。桃やライチ、パイナップルにすもも、チェリー、マンゴーなど、すべてカクテルに使われていました。

こういうバー、最後に行ったのはいつだか、もはや思い出せない。

すごく、心踊る♡

お通しは、旨味凝縮の熱々オニオンスープ。

これがまた、ほろ酔いの胃と脳みそに、じわ〜ん、と沁み渡って。

バーテンダーに、どういう感じのものが飲みたいかと、聞かれて。

あまりヘビーではなく、フルーティーで甘さはあるけれど、すっきりしたもの、をお願いしたところ。

フレッシュな桃とウォッカがベースになったカクテルが出来上がり♡

夫君は、ジンベースに、山椒がピリッと香るシャープで凛とした味わいのカクテル。

2杯目は、エルダーフラワーのリキュール「サンジェルマン」がベース。フレッシュパイナップルの甘くトロピカルな香りが一面に広がる中に、燻したほうじ茶の香ばしいフレーバーを微かに添えたカクテル。

くちびるに触れるグラスの繊細な薄さなど、すべてが秀逸。

延々と飲めそうです。

本当に、美味しくて。

夫君はライチとウォッカを使ったカクテル。

さわやかな風が吹き抜けるような、乳白色に輝く魔法の液体。

バーテンダーが目の前で、オリジナルのカクテルを創作するのをつぶさに見る面白さ。

微妙なさじ加減の調合、一滴味の確認をして、瞬時に思いを巡らせ何かを計算して、リキュールやトニックウォーターや果実の香りなどを数滴加え、スパイスを一振りする。

バーテンダーの腕の見せ所。

無限に広がるレシピ。

クリエイティビティーの醍醐味!

 

BAR & MIXOLOGY COCKTAIL Amber

106-0031 東京都港区西麻布2丁目25-11 田村ビル1F

TEL:03 – 3498 – 2444

営業時間:月~土20:00~05:00

     日・祝20:00~03:00

定休日:無休(年末年始休業)


夫君と、バーカウンターに並んで過ごす時間

とてもしあわせでした。

そう、他の誰でもない、夫君と、そうして、私は私の大切な時を、使いたいと思う。

 

帰ってきてからも、ふたりだけで、なんだか妙に客観的にゆいともものことを話して、私たちのこどもたちだなんて、不思議だよねって。

宝ものだね、って。

「本当にいい子たちに育ってるよ。あんなにいい子たちに育ってるのは、80%chibicoちゃんのおかげだよね、20%ぐらいオレかな。笑。ほんと、ありがとう。」って、夫君は言う。

そんなことはなくて、私も最近は怒りっぽくて反省することも多くて、そう言われると穴があったら入りたい気持ち、って本気で謙遜して。お互い可笑しくて、くすりと笑う。

親になって、一生懸命頑張っているお互いを、讃え合う。

認め合う。

 

翌朝。ふたりだけで目覚めて。

穏やかに朝食を食べた後、ちびっこたちがいるとわちゃわちゃして収拾がつかない夏休みの決め事なども、4人のスケジュールを照らし合わせて、ふたりの好きな音楽を聴きながら、着々と決めて片付ける。

「すいすいだね〜♡」「平和だね〜♡」

夏休みの予定もばっちりフィックス、気分すっきり。

 

私は、夫君と結婚して、一緒に同じ方向を向いて歩いてきたこの18年間を、本当に愛しいと改めて感じて。

子育ても、まだまだこれから、山あり谷ありだろうけれど。

夫君となら、夫君とだから、頑張ってやっていけるし、やっていきたいと思う。

こどもがいることで、夫婦の時間は減るし、子育てに関して相手に求めることは多いし、なぜか腹が立つことも増えるし、ギクシャクしたこともあるけれど。

基本は、私たちふたり。

「子はかすがい」でキープされる夫婦の間柄なんて、絶対にイヤだと思う。

 

「愛してるよ」って、もっと言って欲しい。

聞き飽きることなんて、ないから。

私たちは、私たちで、パパとママじゃなくて、夫君とchibicoで、楽しむことも忘れない。

それって簡単なことじゃないから、お互い、努力しよう。

 

尊敬し合って。

感謝して。

ふたりの宝もののゆいとももを、大事に育てていこう。

 

今までありがとうの倍の気持ちで

これからも、よろしくね♡




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です